<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ホウレンソウの収穫と種蒔き

f0018078_1726496.jpg


春先に蒔いたホウレンソウが収穫に至りました。

一箇所に3~4粒蒔いてあるので大きな物から間引きつつ収穫しています。
ですから一箇所で3~4回収穫できて全体の半分のスペースで食事1回分くらいの量になるので結構何度も収穫できて結構重宝しています。




ついでにまだ種蒔きも間に合いそうなので種蒔きもして置きました。

こんな感じで蒔いておけば↑と同じように収穫できると思います。

f0018078_1727673.jpg


ホウレンソウは虫もつかないし病気も殆ど罹らない育て安い野菜なのでお勧めですよ。





茄子科の野菜も植え付けておきました。

間に合わせの物で適当に風避けもたてておきました。
これで結構北風くらいは防げるので行灯にしなくて大丈夫だと思います。


今年もピーマン1、シシトウ1、茄子4、トマト3程度であまり沢山は作りません。
(他に夏場のメジャーな実の物はキュウリは2本です)

f0018078_17272289.jpg






プランターで育てている長ネギの苗

株間2cm程度に引いた後に2cmくらい土を足してついでに追肥もしておきました。
ほとんど玉葱の苗作りと同じようにやってみましたがどうやらうまくいきそうです。

f0018078_17273964.jpg


一本ネギとブンケツする白ネギをプランター二つずつでそだてています。

全部出来れば160本ずつくらい出来るのですが実際には50本ずつもあれば足りるので多すぎたかな(笑。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-29 20:26 | 菜園

ミツバチ蘭開花

f0018078_1834230.jpg

ミツバチ蘭の花が咲きました

ミツバチ蘭と言うのは通称で一般的にはキンリョウヘンと言うそうです。
咲いた花がミツバチを群れるように呼び寄せることで知る人ぞ知る特徴を持っている蘭です。





一応セオリー通りに花はネットでカバーして、脇には巣箱を置いておきました。

f0018078_18341487.jpg


今年は結構沢山咲いてくれそうなので花の量は大丈夫だと思いますが、ミツバチの分蜂の時期的には遅いみたいなので今年もミツバチの群れを捕獲するのは厳しいような気がしています。








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-27 20:33 | ミツバチ

園芸関連のお勧め小説

f0018078_1835562.jpg


実さえ花さえ 朝井まかて


雨で話題も見つからなかったので最近読んだ小説から2冊紹介しておきます。
ゴールデンウィークも、もう直ぐですから図書館で借りて連休中に読んでみるのも良いと思いますよ。




一冊目は朝井まかてさんの「実さえ花さえ 」

園芸で特に育種について扱っている本ですね。
そのあたりは園芸が好きな人は特に楽しめると思います。
推理小説の部分も多いので園芸が特に好き出無い方も十分に楽しめると思います。

日本の園芸史の勉強にもなると思います。
もっとも園芸史が分かってもあまり役立たないでしょうけどね(笑。








もう一冊は魚住 直子さんの「園芸少年」

f0018078_18361517.jpg


園芸初心者にはかなりお勧めです。
園芸が好きな人も改めて基本的なことを抑えられて勉強になると思います。



私も野菜作りとか果樹栽培とか始めたばかりの事を思い出すことが出来たりして結構楽しむことが出来ました。

160ページくらいと小説としては極短い本なので直ぐに読み終わってしまって勿体無いくらい(笑。










宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-24 20:35 | ブルーベリー

サラダからし菜とエンドウ豆の収穫

f0018078_18295961.jpg



今年初めて育て始めたサラダからし菜が、そろそろ収穫出来そうなサイズになったので間引きを兼ねて収穫を始めています。


右は見慣れた青梗菜ですけどサラダからし菜は見た目だと、ちょっと違和感みたいなものがありますね(笑。
名前の通り生でも食べられるので使い方は色々あると思います。
生、炒める、スープに入れる等等使い勝手は良さそうです。
サラダなどの彩りや敷き菜なんかでも使えそうに思います。

味としては基本的に割と淡白でよく噛んでいると最後に辛味がやってくる感じですね。



他にエンドウ豆のロングピースも少しだけれど収穫が始まりました。

f0018078_18305531.jpg


このブログでも耳にタコが出来そうなくらい何度も取り上げていることですが、このロングピースも10日くらいは早い収穫になっているみたいです。




種袋だと5月初旬からの収穫になっていますね。

f0018078_18311433.jpg





つい先日お豆ご飯に下ばかりだけれど折角なので今日もお豆ご飯で食べちゃいましたよ(笑。

f0018078_18313369.jpg


やはり取れたては新鮮で柔らかくて美味しいです!




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-21 20:28 | 菜園

蕗の混ぜご飯とエンドウの種の炊き込みご飯

f0018078_18491371.jpg

以前、こちらで紹介した植物図鑑という小説に出ていた料理を実際に作って食べてみましたよ。

f0018078_18492810.jpg



作り方は蕗を茹でて皮を剥いて小さく切ってゴマを足し、塩適量と味の素少々って感じですかね。
蕗もゴマもお好みの量で塩は後から足せるから控えめが「吉」

f0018078_18494078.jpg


後はご飯に混ぜるだけです。



蕗そのままの味が味わえるのが良い点ですかね。
癖とかなくて普通に美味しくいただけました。
我が家のはちょっと茹ですぎで味が薄かったみたい(笑。






他に先日炊いたエンドウ豆ご飯も紹介して置きます。

これは元は去年の初夏に種用に残しておいたエンドウの種なんですけど、一晩水に浸しておいて普通のお豆ご飯同様に圧力鍋で炊いただけの物なのですがお豆が思っていたよりも柔らかくって結構美味しくいただけました。

風味とかは取れたてのものとか冷凍の物よりは落ちるかも知れないけれど思ったよりも随分美味しかったと思います。

f0018078_18495752.jpg


もうじき今年のエンドウも収穫の時期を向かえますので食べ切れない分は種にして保存しておいて色々に使おうかと思ったりしています。









宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-18 20:48 | 山菜と椎茸と山野草

春キャベツの収穫と初夏取りキャベツの植え付け

f0018078_1831221.jpg

去年の11月くらいに蒔いた春用キャベツの富士早生という品種ですが、無事収穫期を向かえました。
春キャベツは柔らかくて甘くて美味しいから、このところ毎年のように作って食べています。

今年は冬用キャベツも上手にズラシ蒔き出来たのでキャベツが途切れることなく収穫できて大満足♪




春に蒔いた初夏取りキャベツも一応苗が出来たので植え付けておきました。

f0018078_1831237.jpg


ネットの中には極早生のミニキャベツと四季蒔きキャベツとブロッコリーも少し植えておきました。




他にはサトイモの植え付けだとか

f0018078_18313867.jpg


キュウリの接ぎ木フリーダムを2株買って、こちらは家で大きなプランターに植えつけておきました。

f0018078_18315542.jpg




収穫

f0018078_18321649.jpg


去年の秋に蒔いた春取りの短い牛蒡も濃く植えてあるところの大きい物から間引く感じで少しずつ収穫を始めています。

極早生玉葱は大分収穫が進んでいて概ね2/3程度収穫が終わっています。

キャベツは一つが春キャベツで二つは冬キャベツののこりです。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-16 20:30 | ブルーベリー

ブルーベリーの花が沢山咲いています。

f0018078_19235461.jpg

チャンドラーの花(ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー)
今年も500円玉サイズのブルーベリー出来ると良いな(笑。




今年の春は早い時期から暖かくなったので全体的にブルーベリーの開花時期が早まるものと思っていました。
けれども、我が家の開花の様子を観察していると思ったほど早まってはいないように思います。
確かに去年当たりよりは早いことは早いのだけれどラビットアイ系とかノーザンハイブッシュ系で一週間くらい早く程度の感じです。
勿論、サザンハイブッシュ系の早いのは大分早かったんですけどね。

やはり、ラビットアイ系とかノーザンハイブッシュ系あたりだと早く咲きすぎて花や実が傷まないように早すぎる開花を抑制する仕組みがあるのかもしれません。
(我が家だけのことなので精しくは分かりませんが・・・。)





クライマックス(ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_19241843.jpg


バルドウィンはまだ蕾ばかり殆ど咲いていない状況です。

f0018078_1924329.jpg


基本的にブルーベリーの収穫期には雨が降っていない方が良いとされています。

ラビットアイ系ブルーベリーに付いてですが、これくらいの開花だと丁度梅雨明けくらいから収穫が始まる感じだと思います。

ノーザンハイブッシュ系の早生の品種たちも開花が早ければ梅雨前に収穫できるのでその点は好都合ということになりそうです。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-13 20:22 | ブルーベリー

園芸が好きな人にお勧めの本

f0018078_18523890.jpg



ザックリしたあらすじは

長崎の出島を舞台に、シーボルトに仕えた若き庭師の奮闘物語。土と草花を通して、日本の素晴らしさを実感できる人情時代小説。


色々な植物を栽培するに当たっての色々な工夫(挿し木とか実生とかを含む)とか苦心する様は読んでいて楽しいですね。

思えば私自身、10年くらい前から園芸に目覚めて色々な植物の栽培に挑戦した物でした。
色々枯らしたり消滅させてしまったりと失敗もかなり沢山あったと思います(笑。
そんなことを懐かしみながら読めました。

園芸が好きな方なら楽しめると思います。





同じ作者で庭師(作庭あるいは造園)関係を扱った小説は↓こちらです。

f0018078_18531343.jpg


こちらはかなり私の環境とはかけ離れてしまっていますが植物を扱う点においては同じなのでそれなりに楽しめました。



同じ著者の本で他にも面白そうなのがありますので読んだらまた紹介しようかと思います。








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-10 20:51 | 閑話

ミツバチ蘭の蕾が出たよ

f0018078_18113039.jpg


ミツバチ蘭ことキンリョウヘンから沢山蕾が発生しました。



今年は早いみたいですね。



例年ですと普通に咲かせるとミツバチぼ分蜂の時期よりも開花が遅れて間に合わなかったりするそうですが今年は春の訪れが早かったので大丈夫じゃないかと思います。

運が良ければ今年はミツバチが巣箱に入ってくれるかも」と楽しみにしています。





※キンリョウヘンについて
ミツバチ蘭というのは別名で一般的にはキンリョウヘンという名前の蘭として知られています。

花にミツバチが寄ってくるのは当たり前なのですがこの蘭の花には異常に群れ集うことがあるそうです。
春先の分蜂(一つの巣で蜂が増えすぎた場合一部が群れを離れて新しい群れを構成する行動)の時期にこの花を利用して分蜂した群れをうまく箱などに収容できるとその群れで養蜂することが出来まして順調になら蜂蜜を採取できるとされています。


因みに日本ミツバチだと蜂蜜の採取の効率が良くなくて西洋ミツバチのように営利栽培としては成り立たないらしいです。
趣味の養蜂でも上手にやらないと元を取るのはなかなか難しいようで日本ミツバチでの養蜂は専ら道楽みたいな感じじゃないかと思います。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-07 20:11 | ミツバチ

オオバギボウシとフキの移植

f0018078_18584889.jpg

うるい(オオバギボウシ)もポコポコ顔を出しました。

若い芽を食べると美味しいらしいのですが私はまだ食べたことがありません。
来年あたりは食べてみたいなあ(笑。



斑入りのオオバギボウシは寒河江と言いますがこちらは1本だけですね。

f0018078_1859091.jpg




歩道で道にはみ出しているフキを見つけたので掘って身近な場所に植え直したりしています。

f0018078_18591986.jpg


フキは繁殖力が結構旺盛なので2年もするとかなり広がってくれますね。

再来年には沢山収穫出来そうです♪










宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-04-04 20:59 | 山菜と椎茸と山野草