<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

玉葱の育苗と台風の接近

f0018078_18422273.jpg


中晩生玉葱(大阪丸玉葱)の発芽




また、台風が接近しているようですね。
しかもかなり強いらしいです。

「また」と言ったのは当地は去年の秋と今年の春にも台風の直撃を受けて野菜など植物がかなり被害を受けているからです。


去年の秋は白菜とかキャベツの苗、大根人参と大分被害を受けましたし、今年の春先はキュウリとかゴーヤとか春野菜が大分被害を受けましたて、果樹やブルーベリーも幾分塩害を受けてしまって葉が傷む物がありました。

市民農園でもその話題で持ちきりでしたよ(笑。




台風はどこかしら陸に上がれば勢力は途端に衰えることが多いから今回は当地直撃ではなくて他の所に上がってくれればと思います。

そうなると他の地域が被害を受けるのだろうけれど2回続けて来たのだから今回は勘弁して欲しいと思ったりしています・・・・






ともあれ、台風のルートが丁度、日本を縦断してしまいそうなコースです。
ルート付近皆様はくれぐれもご注意ください。






さて、玉葱の育苗ですが先週の日曜日に蒔いた中晩生の玉葱は漸く発芽がそろうようになりました。
(冒頭の写真)


写真の用に我が家では種を蒔いた後覆土してその上にさらにピートモスを薄く撒いてコーティングしています。さらに薄っすら苦土石灰を降りかけてその後水撒きして落ち着かせるようにしています。

これで大体失敗がないようなので適しているのだろうと思います。


草木灰があった頃はそれを撒いていたのだけれど最近はなくなってしまったのでこれで間に合わせています。



約一月前に蒔いた極早生の玉ねぎの方ですが太さが3~4mm程度に育ってきましてもう少し太ったら植え付けできると思います。

(これで大体150本くらい)

f0018078_18425510.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-29 18:41 | 菜園

葱類の水遣りで思うこと

f0018078_1903827.jpg

ホームセンターで九条葱の苗を買いました。


最近は市民農園でも他の区画の方たちから色々と野菜のことについて相談を受ける機会が増えています。

ブログを通じてブログ友達の方々から色々教えて頂いたので私でも少しは野菜についての知識が身に付いて来て少しは役立つ答えが出せるようになってきているようでした。



どんな相談かと言うと、最近ではネギ類とかの水遣りについて「どの程度水遣りすればよいか?」みたいな質問が多かったように思います。

ネギ類の水遣りでは私も以前何度か失敗していますので、少しは学んで基本的な考え方を言えるようになりました。




「ネギ類とかの水遣りはなるべく控えて遣り過ぎるよりはやらないくらいのほうがズッと良い」みたいな感じで答えています。

これだけだと納得されないようなので理由もちゃんと添えていますよ。

冒頭の写真の写真は店頭で1週間以上棚に置かれて勿論水など与えずに葉のほうも大分干からびた状態です。
これを見ても分かるようにネギ類は乾燥にはかなり強い植物なんですね。
玉葱の苗だってもう少しすると店頭に同じように水などなしで並べられます。
それで1~2週間くらい店先で過ごすわけで、それでも無事に根付くのだから植えつけてちょっとでも湿った土の中に入れてもらえたらネギはそれだけで大喜びだと思います(笑。


ワケギとかラッキョウ、ニンニクも同じように水がなくても日陰に置けば腐らず保存できるのだからこれらも水遣りは控えるくらいで丁度いいです。

これから玉葱の苗作りとかする方も多いと思いますが小さな苗の頃はある程度の水分は必要だと思いますが、ある程度育ってきたら水は控えめくらいで丁度良いと思います。

実は、斯く言う私も去年玉葱の苗を危うく根腐れさせそうになりました(笑。


市民農園で近くの区画の方がネギの苗を少し腐らせたと言っていましたがやはり水遣りのし過ぎのようでした。その方も最近は大分控えるようにしているようでその後は順調に育ってくれているようです。



何事も自分が失敗して痛い目を見た場合には身に沁みて憶えます(笑。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-27 20:59 | ブルーベリー

秋のお彼岸でオハギ作りました

f0018078_18544794.jpg


ゴマの中には餡子が入っています



恒例で珍しくもありませんがお彼岸なのでお萩を作りました。



「暑さ寒さも彼岸まで」
今朝の最低気温は17度を下回って流石に布団を掛けました。


それでも日中はまだまだ汗をかきますね。




夜明けは遅く、夕方も大分早く暮れて愈々秋めいてまいりました。



食べ物が美味しくなる季節だから太りすぎには気をつけないと(笑









宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-24 18:54 | 閑話

ネギニラ、1シーズン育てた近況

f0018078_1736384.jpg


今年から育て始めたネギニラです。
春には株元の太さが3~4mm程度しかありませんでしたが今は私の親指程の太さくらいになりました。
(写真がちょっと分かりにくいです)


このまま置けば来年には収穫できると言うことです。

我が家では7株植えつけましたから来年は半分は収穫して半分は株分けして増殖しようかと考えています。







ここ2~3日の雨を見越して蒔いておいた根菜3種は無事発芽してくれました。


人参
f0018078_17361958.jpg




牛蒡
f0018078_17363542.jpg



大根
f0018078_17364752.jpg





晩生の白菜も無事発芽してくれたので一株ずつにビニールポットに植え直してもう少し大きくしてから畑に植えます。
f0018078_1737546.jpg





明日は中晩生の玉葱の種蒔き第一弾として大阪丸玉葱の種蒔きをする予定です。


来週、もう一つの玉葱のつり玉パーフェクト蒔いてしまえば後はエンドウ類の種蒔きを残すのみと成ると思います。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-23 20:34 | 菜園

ジャンボニンニクと一片ニンニクの種球

f0018078_1953310.jpg


左がジャンボ、真ん中が一片(やや右寄り)、一片の上の小さいのはジャンボのキコ、右がホワイト六片などです。



そろそろニンニクも植えねばと思いましてニンニクの種球も整理をしておきました。



塊で保存していたのですが、いざ一片ずつに解してみると結構大きいのもあるものですね。
大きいのは136gもありました。小ぶりの玉葱より大きいくらいのニンニクです。
f0018078_1954613.jpg




一片ニンニクは多分ジャンボのキコを植えた1年後の形だと思うのですがこれもある程度大きいのがありましてジャンボの半分くらいありました。
f0018078_196490.jpg





今年は初夏に取れたジャンボニンニクを殆どそのまま残しておいて今年植える種に残しておきました。
大きい球を植えた株は来年には4個くらいには増えているので来年は漸く食べることが出来そうです。


ジャンボニンニクは普通のニンニクより強いようで他のが上手くいかなくても無事に取れることが多いのでそういう意味でもお勧めです。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-20 20:04 | 菜園

根菜の種蒔き、スイカの幼果

f0018078_18432323.jpg

蔓が着地した地点で根を伸ばし其処から新たに伸び始めたスイカの経過です。

実はもう一つあったのですがそれは油断してカラスあたりの被害に遭いまして今回の物は新たに最近着果した二つの実です。


まだ着果して1週間くらいです。順調なら来月初旬にも食べられる予定ですが何せもう秋ですからどうなりますかね・・・。

カラスにやられないように今回はスーパーのレジかごを被せておきました。
f0018078_18433919.jpg




それから今日の午後くらいから雨ということだったので遅れていた根菜類の種蒔きも慌てて済ましておきました。

大根、人参、牛蒡(大浦)を蒔きましたが特に牛蒡と人参は割りと水分を好むので今回の雨で上手く湿って発芽してくれればと思います。




他には春に取れた小玉葱を少し埋めて置きました。
晩生だからどうなるか分かりませんが適当に太ってくれたら収穫しようかと思います。
f0018078_18435931.jpg





家のキュウリの1本が急に枯れこんだので撤収しましたよ。

吊り下げでの栽培でしたが一応7m程度は伸びていたようでした。
f0018078_18441619.jpg




急に枯れこんだ理由は良く分かりません・・。
ほかの1本は至って元気なんですけどね。

一応根っこを見たら酷い瘤が(笑。
f0018078_18443496.jpg



次は大根でも蒔いて線虫抜きしようかと思います。


本数もそこそこ取れたし、春からだから結構長いこと育てているので、まあこんなものかと思います。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-17 20:43 | 菜園

ブルーベリージャムの種を取り除く件

読者の方からメールを頂きました。


内容は
「ブルーベリージャムの種をなんとか取り除けない物だろうか?」
と言うような内容でした。


私もブルーベリージャムの種についてはそれほどは気にならないものの勿論、無い方が滑らかで美味しいだろうとは思っていました。



濾して濾せないこともないのだろうけれどブルーベリーは皮も結構あったりするから素人だとなかなか上手くはいかなさそうです。



一つ思いついたのはブルーベリーの種は硬い確りしたものは水に沈むことが多いからミキサーなどで砕いた後に若干水を加えて上から徐々に移し変えて底にある液は少し残せばある程度は種を取り除けるのではないか?ということでした。


植物の種は割りと何でも発芽できるようなちゃんとした物は水に沈むことが多いです。
ブルーベリーの種も水に沈むのは確りしていて歯に当たりそうですが、浮いてしまうような軽い種は歯に当たっても軽く砕けてしまう物が多いように思います。




次回、ブルーベリージャムを作る時にはこの当たりにも注意して種少な目のブルーベリージャムを作ろうかと思います。











宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-13 20:44 | ブルーベリーの加工 | Comments(1)

玉葱の発芽、キャベツの被害

f0018078_19192914.jpg


極早生玉葱は順調に発芽しました。

玉葱の苗は高い時は1本5円とかしますから失敗はきついので苗作りは何時も少し緊張します(笑。

もう少ししたら長期保存が効く品種を2種類、1000本くらい作ります。
因みに去年は800本植えました。




夏蒔き、秋取りインゲンの第二段も無事植え付けが終わりました。

コガネムシが心配ですが今くらいになると減ってくるようなので何とか成るだろうと、たかを括っています。

f0018078_19194518.jpg


f0018078_1920175.jpg





他には早生のキャベツが芯食い虫の被害が酷くてかなり苦戦しています。

酷くなければ脇芽を発生させて出た脇芽の一つだけを残しておいて、それだけを大きく成長させるようにしておけば収穫も可能なわけなんですが、被害が酷くて脇芽もやられてしまったので、諦めて出直すことに決めました。極早生の「よかまる」というミニキャベツの種があったので、それを急いで蒔いておきました。

f0018078_19204755.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-10 20:18 | 菜園

グリーンカーテン近況

f0018078_18444357.jpg

台風で傷んで出遅れたゴーヤのグリーンカーテンはなかなか完成に至りません。


なんとか屋根まで届いていますが、届いたものを下げて左右に広げるようにして再び上に伸ばすようなことを何度も繰り返すと遮光率が高いグリーンカーテンが出来るのですけどね。


今年の完成はお彼岸くらいになってしまいそうです。

「暑さ寒さも彼岸まで」お彼岸にはもう必要なくなってしまいますよね(笑。



因みにゴーヤは沢山取れるけれど我が家は年に数本も食べれば十分なので殆どが爆発してしまいます。







一方6月に種蒔きした三尺ササゲは好調でこちらは食べ切れないくらい毎日収穫できています。
f0018078_18445635.jpg


こちらもゴーヤと同じように上に伸びたものもを紐から解いて左右に広げて再び上に伸ばします。
f0018078_18451218.jpg



これで低いところでも簡単に収穫出来るので見つけたものが適当に収穫したりしています。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-07 20:43 | グリーンカーテン

ブルーベリーの秋の成長とあれこれ

f0018078_1915458.jpg

接ぎ木ネルソンのシュート(長い方)と台木のサッカー(手前の短い根)



ブルーベリーの収穫の方はあらかた終って寂しい気分になるかと思いきや、嬉しい秋の成長が活発に始まりました。



暑い暑いと思っていましたが陽も大分短くなってきているようですし、何よりブルーベリーの水遣りが一部を除いて毎日しなくても大丈夫になってきましたね。

今日は一通り全部の鉢を持ち上げて重さを測りながらの水遣りでしたが大きな鉢は殆どしなくて済みました。
これからは少しは楽が出来そうです(笑。



そうそう、ブルーベリーの成長が始まっていると言うことは肥料も必要としているわけで追肥してあげるとよいですよ。
緩行性の肥料なら遅くも10月いっぱいくらいで肥切れするくらいが良いと思います。
肥料が切れてブルーベリーが寒さと共に眠りに付くのが自然に敵っていて良いようです。



成長の喜びと共にやって来るのが害虫で早くもシャシャンボツバメスガの被害が少し出ています。

シャシャンボツバメスガの被害
木はラビットアイ系のフクベリー
f0018078_19151768.jpg



これからの季節はシャシャンボツバメスガもそうですが、痛いイラガも発生しますし、鉢の中ではコガネムシの幼虫も徐々に大きくなってきますから、あれこれ油断成りません。


イラガについては発生初期には小さな幼虫が群れていて葉がレース状になってサインを出してくれていますから早め早めに対処するのがお勧めです。
大きくなってそれぞれが単独行動を取るようになってしまった後からでは数倍の労力と時には傷みも伴います・・・。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-09-04 20:14 | 害虫 | Comments(0)