<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

早生の落花生品種「郷の香」(さとのか)

f0018078_1739283.jpg


早生の落花生の「郷の香」の種が届きました。

郷の香は「おおまさり」同様、千葉県が育成して品種登録した落花生の品種です。


千葉県の資料によると郷の香は8月初旬には収穫が出来て茹でて食べると、とっても美味しい品種のようです。
我家は去年からジャンボ落花生の「おおまさり」を中心に栽培しようと思っていましたが、やはり時期がずれてくれた方が嬉しいのでこれからは郷の香も加えてこの2品種メインで栽培していくつもりです。
(おおまさりは半月ほど遅れるようです)

ゆで豆用の落花生新品種「おおまさり」の収量特性と栽培法



育て方は↓こちらです。
ゆで豆用ラッカセイ「郷の香」のマルチ栽培における栽培法
[要約] ゆで豆用ラッカセイ早生品種の「郷の香」のマルチ栽培の適正な裁植様式は、ベット幅75cm、条間45cm、条数2条の時、株間18cm(裁植密度9.3株/㎡)である。
8月上旬~中旬の収穫には4月下旬播種、8月中旬~下旬の収穫で5月上旬播種が適期である。
また、9月以降の収穫では「ナカテユタカ」の作付けが良い。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-30 20:36 | 菜園

葉からの肥料分の析出

f0018078_19273798.jpg

ホルトブルーペティットの挿し木苗です。

先日、肥料分が吸い上げられて枝から染み出たものが結晶化して白い粉状になっている写真をUPしました。

これは↑と同じ現象が葉で起こっているものと思われます。


7.5cmのビニールポットにIB化成を2個ずつ入れていましたが、それでも多すぎなのかもしれません。

それでも肥料負けとかしている様子も見受けられないので特別問題もなく育ってくれているようです。



余談ですがホルトブルーペティットの葉はかなり特徴がありまして葉を見ただけでもほぼそれと同定できてしまうほどその特徴は顕著です。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-28 20:25 | 施肥 | Comments(6)

実生のブルーベリーの花たち

f0018078_1814181.jpg


ミスティーの鉢から生えた実生の花




我家にある実生のブルーベリーたちも花を咲かせています。


私の場合は作為的に蒔いて実生を作ると言うことはやっていないのですが、ブルーベリーの鉢などからいわゆる「一人生え」で芽が出てきた時には育てるようにしています。

このあたりはボーナスとかフクベリーと同じ生い立ちですね(笑。



冒頭の実生の花は咢片が花冠から離れてほぼ水平になるものが多いのが特徴のようですね。
ミスティーの鉢から生えてきましたが、どちらかと言うとラビットアイ系的な花のタイプだと思います。

f0018078_1858964.jpg


個人的な趣味では咢片が花冠から離れるタイプの花の方がバランスが良くて好きだったりします(笑。






マル(ラビットアイ系)の鉢からの実生の花

f0018078_18182730.jpg


マルの実は大きいのは良いのだけれど何時までたっても酸っぱくて美味しいタイミングが難しいので我家ではジャム用になっていますが「マルのサイズだけ受け継いでもっと美味しいのが出来たら嬉しいな」とか思っています。
花の特徴はマルはあまり日に焼けて咢片とか花柄が赤くなることはないのだけれど此花は大分色づいて紫になってます。




ベッキーブルー(ラビットアイ系)の鉢からの実生の花

f0018078_18202078.jpg


ベッキーは5倍体品種でハイブッシュ系の遺伝子も混じった特殊なラビットアイ系だからどんなのが出来るか楽しんでいましたが去年数粒実らせたところ特別な特徴とかはありませんでした。

今年は樹が大きくなったからちょっとは変わるかな?」とか思っています。
去年の感じではスペシャルではないけれど可も無く不可もない感じだったからこの樹は育てていくつもりではおります。


花の特徴はベッキーみたいに細くは無いけれど日にはあまり焼けないようでいつになっても緑色で、その色のまま散っていきます。ラビットアイ系では割とありがちな花だからこのタイプは品種同定が難しい(笑。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-27 20:57 | 実生

リンゴの津軽の花@静岡西部、海から5分

f0018078_88357.jpg



津軽の花はここと、もう1箇所で2輪ほどだけ咲きそうです。

先に咲いた姫リンゴのアルプス乙女は殆ど花が終っていますが残った花で津軽と互いに受粉させておきました。
今年もちょっとは自家製リンゴが食べられそうです♪


我家あたりだとリンゴは夏過ぎくらいから元気がなくなるようで、やはり林檎栽培にはギリギリくらいだと思います。
鉢栽培で盛夏くらいから家の東壁の傍において西日を避けるようにしています。




因みに我家では他にフジと王林という品種のリンゴも鉢栽培で育てています。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-26 07:07 | リンゴ

ジャガイモの土寄せと早生インゲンの支柱立て

f0018078_19314378.jpg


日曜日はジャガイモの雑草抜き、芽欠き、追肥、土寄せをまとめてやっておきました。

奥の右側に写る玉葱は見違えるように元気になって好調です。左の晩生のほうは「もう少し頑張りましょう」って感じです。

真ん中の枝豆は2月に蒔いたものも4月近くなって蒔いたものも結局あまり変わらぬサイズになりました(笑。





早生の平莢インゲンの「マンズナル」の蔓が伸び始めたので支柱しておきました。

早生の品種で早くも小さな蕾が出始めているようでした。
奥にはワケギがありますが倒れ始めたり坊主が出始めてそろそろ終りかと思います。

f0018078_1932346.jpg




この日は他にトウモロコシと落花生の予定地に堆肥石灰を混入しておきました。
そこそこの広さがあったのですが鍬で鋤きこんだのでもうグッタリでした(笑。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-25 20:31 | ブルーベリー | Comments(0)

ブルーベリーの摘花、摘芽

f0018078_18513589.jpg


ベッキーブルーの花



今朝まで雨で今日も風が強かったですが昼近くに廻ってみると西洋ミツバチが何匹も飛び交っていて漸く完全に受粉の方は彼らに任せられそうです。




昨日のバルドウィンもかなり花が沢山咲いていましたがベッキーブルーも大分多めに花を咲かせています。


ベッキーの方は沢山咲かせても実際収穫できるまで残っているのは少ないのであまり気にせずとも良いのだけれどバルドウィンは着果が良いからかなり花を減らしました。

他にもラビットアイ系は実際咲き出すと思った以上に花が沢山咲いてしまう場合が多いのであれこれかなり沢山、花を落としておきました。
我家だとベッキー、ノビリス、デライトあたりは着果が悪いから花を多目に残しています。


冬の剪定の時に読めれば良いのだけだけれど冬には咲いている頃の事は忘れてしまって毎年似たようなことをしています(笑。





摘花のついでに幹から内側に伸び始めた芽も摘んでおきました。
こういう新梢は結局夏の剪定で落とす枝になるだけなので今のうちに落としておけば、その分残す枝の方にエネルギーを回すことが出来るわけです。




昨日の記事の接ぎ木の件ですが追加で写真をUPしておきました。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-24 18:49 | 剪定

伸び始めた去年の接ぎ木

f0018078_18302327.jpg


バルドウィンの花



遅れていたラビットアイ系の開花も大分進んで晩生の品種も咲き始めるものが増えてきています。


今年は比較的、ラビットアイ系の早生と晩生の開花の時期が近いようで、受粉相手には困らない筈なのですが訪れるミツバチがなかなか増えてくれなくてもどかしい思いをしています。

それでも、昨日はキムネクマバチが2匹来てくれて花冠に穴を開けながら盛んに受粉作業をしてくれていましたよ。



キムネクマバチ(黄胸熊蜂
f0018078_18383636.jpg

近寄ると逃げるのでこんな写真しか撮れません(笑。




先日、鉢増しをした時に去年の接ぎ木が今頃になって成長を再開しているのをみつけました。

左二つはカーラズ・チョイスの接ぎ木で、右は遊び半分で作ったRR(台、穂共にラビットアイ系)の接ぎ木です。
一番左は去年15cmくらいは伸びていたので、どうやら繋がっているとは思っていましたが
f0018078_18405696.jpg




右の二つは5cm程度で成長が止まったままだったからダメ臭いと放っておいたものでした。
f0018078_18453066.jpg

記事にするのが遅れたので現在はもうチョット育っています。
(明日現在の様子をUPします、写真は2011/04/05撮影)

決して良い状態でないのは明らかだけど繋がっていることは確かなのでこのまま育てるつもりです。




不器用なので接ぎ木は苦手で毎年こんな接ぎ木が幾つかあります(笑。
自根のカーラも多分、いずれは枯らしてしまうので接ぎ木苗が出来るまでは安心できません。
苗業者さんとか器用な片には笑われるでしょうけれど素人が楽しみでやっていることですからどんな形でも接ぎ木が残ればそれで良しとしましょう♪





4月24日の写真

f0018078_19102418.jpg



f0018078_19103826.jpg

因みにこれは1本の枝に両面で接いだ接ぎ木です。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-23 20:28 | ブルーベリー | Comments(4)

イタリア野菜のフィノッキォ(ナポリ)の種蒔きと早生エンドウの収穫

f0018078_15153912.jpg


早生のエンドウの収穫が始まりました。



徐々に夏の実物野菜の苗も揃え始めています。


キュウリは今年も接ぎ木のフリーダムです。
f0018078_15161240.jpg


トマトは接ぎ木の麗にしてみました。大玉で美味しいサカタのタネさんのお勧め品種です。
f0018078_1958949.jpg




衝動買いしたイタリア野菜のフィノッキォ(ナポリ)です。
フェンネルとかウィキョウの仲間だそうですがあまり期待はしていません(笑。
f0018078_1519529.jpg




畑を耕していたら去年の落花生の掘り残しが発根を始めていたので拾ってポットに埋めなおしておきました。
f0018078_15202731.jpg




プランターの早生玉葱も倒れ始めたので収穫です。

やや玉が小さいですがプランターで10個出来たので良しとしましょう♪
f0018078_15215987.jpg




エンドウは早速お豆ご飯でいただきました。

まいう~(笑。
f0018078_15252149.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-21 15:14 | 菜園

ブルーベリーの根鉢あれこれ

f0018078_18565118.jpg


ハイブッシュ系品種はほぼ満開のものが多くなりました。



先日行ったブルーベリーの鉢増しですが、例によってコガネムシにやられているもの、若干根腐れを起こしているものなどもありました。

珍しいという程でもありませんが目に付いた鉢だけUPしておきます。


蟻に酢を作られた鉢
f0018078_1901696.jpg


「蟻がいたらコガネムシの幼虫とかどうなんだろう?」とかちょっと思いました・・。



接ぎ木のサッカーが廻っている様子2件
f0018078_1905336.jpg




「どうしてそっちに曲がるかな~・・」
f0018078_1912137.jpg




接ぎ木をしても自根のラビットアイ系と地下は同じみたいです(笑。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-19 18:54 | ブルーベリー | Comments(4)

姫リンゴのアルプス乙女の花

f0018078_191410.jpg


この品種は自家受粉でも結実できるそうですが他に津軽に花が数輪咲いてくれそうなので、一応人工授粉しておくつもりでです。
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-18 20:57 | 果樹