<   2010年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

パテントブラックベリーの発芽

f0018078_19303334.jpg

パテントブラックベリーの実生発芽




春先に、以前、ねこパンチ!さんにお願いして送っていただいたパテントブラックベリーのカイオワの実から採った種を蒔いておきました。種の入手時の記事↓
ブラックベリー栽培の新たな試み


種の保存が拙かったせいかなかなか発芽してくれませんでしたが、どうもそれらしい発芽が確認できました。
冒頭写真↑

種採取の時の記事にも書いてありますが
果実は味などについては親より劣るものが多いようですが形質は割と似たものが出来ると聞いた憶えがあるので味はともかくとして種があまり目立たない品種が出来ればと思います。
生食はだめでもジャムなら種が無ければ大丈夫ですからね。



そう遠からず大関ナーセリーさんのパテントブラックベリーの実も一般に販売されるようになるでしょう。
今後はパテントブラックベリーの実生に挑戦しようとする方も増えていくと思われます。

日本発の種が目立たない品種の登録も或いは既に秒読み段階なのかもしれません。



我が家ではナメクジやら害虫やら色々いるのでとりあえず水きりネットでカバーして育てています。
(シャシャンボの実生はナメクジ被害に遭いました・・・。)
f0018078_19455082.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-30 20:28 | ブラックベリー実生

ゴーヤのグリーンカーテン始動&キワーノの近況も

f0018078_19101426.jpg

今年は苗の出来が悪いこともあって設置が遅れていたのですが雨の日曜日に一応完成させました。


苗はまだ50~60cmくらいです。
梅雨明けには間に合いそうもありません。
f0018078_19103718.jpg


例によってブロックとか物干し竿、ビニール紐で作ります。
ビニール紐が600円のを1/3くらい使うから費用は200円くらいです。
f0018078_19105475.jpg


上は庇に少し釘を打って、雨樋受けなども利用して済ませます。

この壁は西側で夏の午後~夕方の西日除けになるので部屋の気温が大分違って特に午後に涼しくすごせます♪




先に始めていたキワーノのグリーンカーテンは既に半分くらい出来上がっていて活発に成長しているから梅雨明けにも間に合いそうな勢いです。
f0018078_1911181.jpg


キワーノは今年初めて育てますがこんなに大きくなってもまだ雌花を見かけません。
どんな果実か楽しみなのですがそちらの楽しみはもう少しお預けです。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-29 20:08 | グリーンカーテン

ブルージェムのラビットアイとラビットアイ系の着色開始

f0018078_18464934.jpg


着色直前のラビットアイ系ブルージェムです。

ラビットアイ系の名前の由来のウサギの目のイメージはあるでしょうか。

着色直前にこんな風に赤くなるのはこのブルージェム、ブルーベル、バルドウィンあたりが有名ですね。
実はラビットアイ系でもこんな風に赤くならずにいきなり青くなる感じの品種もあったりします。



ラビットアイ系も一部品種が色づき始めています。

冒頭で取り上げたブルージェムも二つほど色づいていました。
f0018078_18504951.jpg



オースチン
f0018078_18513157.jpg


他にもざっと見たところクライマックス、ベッキーブルー、ウッダードあたりも1粒~数粒程度色づいているのを確認できました。

一番果が色づきましたが2割程度が色づくには品種によってバラつきがありますが1週間程度はかかると思います。色づいてから更に熟すのに1週間ですから今年のラビットアイ系の収穫期は7月中旬あたりになりそうですね。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-28 20:44 | ラビットアイ系品種 | Comments(8)

白いトウモロコシ(ピュアホワイト)の初収穫

f0018078_21525771.jpg

トウモロコシ(ピュアホワイト)の初収穫


今日は雨だから市民農園には行かなかったので庭のものだけの収穫でした。

楽しみなのがトウモロコシのピュアホワイトです。

収穫する際にちょっと皮をめくって中の様子を見るのですがピュアホワイトだとちょっと分かりにくいですね。普通の黄色のトウモロコシなら実の黄色さでも熟し具合が分かるのですがこの品種ではそれは出来ません。

専ら実の大きさで判断です。

今日は3本取れました。

人参はプランターの三寸人参です。
トマトベリーとナスは初収穫です。





茹で上がりだと若干透明感が出て少し色がつく感じです。
f0018078_21532648.jpg


味はこの品種も甘みが強いですね。
食感的には皮の柔らかさが目立つ感じでサクサクしています。
歯にあまり触りませんからお年寄りとかに喜ばれそうです。




トマトベリーはこんな感じです。
f0018078_21534339.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-27 21:51 | ブルーベリー

大関ナーセリーさんの新品種 ニューハノーバー@サザンハイブッシュ系ブルーベリー

今年も大関ナーセリーさんからカタログが届きました。
大関ナーセリーさんのHPで申し込めば送料も無料で送ってくれます)


今年の表紙はニューハノーバーですね。
これが今年一押しの品種なのでしょう。

パテント系の品種についてはねこパンチ!さんが詳しいからブログに伺った所

サンプソンに似て高い生産性と大き目の果実サイズを発揮するが、サンプソンより数日遅れて果実が成熟するため果実サイズはサンプソンより大きく貯蔵性もサンプソンより良い。

そうです。
香川のブルーベリー園 ニューハノーバー(New Hanover)  より


海外の資料ですと

Blueberry plant named  New Hanover
あたりが詳しいみたいでした。


ニューハノーバーの特徴
1.価格が高いままである時を熟させている初期のシーズン。
(ブルーベリーも出始めは高値です)
2.大きなサイズ果物の一貫した高収率。
3.非常に良い果物着色料、優れた果物かたさと非常に良い果物品質。
4.優れたポストによる果物は、貯蔵寿命を集めます。
by Yahoo! JAPAN テキスト翻訳


写真を見ますとサザンハイブッシュ系にありがちな小さくこんもり茂る感じで花はラビットアイ系にもちょっと似た感じの花ですね。確かに結構大粒も出るみたいです。(葉からサイズを推測すると)
作はバーリントン博士。例の頑固そうな親父です(笑。
開発者のジム・バーリントン博士の写真



他にも色々書いてあるので日本語にはなりませんけどYahoo! JAPAN テキスト翻訳とかも利用して読まれても良いかも知れません。



ほかにコロンバスが今年売り出されましたけれどどうも結実率が良くない話も耳に入っていたのですが推奨受粉樹が」ティフブルーとパウダーブルーとなっていたから我が家のコロンバスも大きくなったらこの2品種の近くにでも置こうかと思いました。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-26 20:12 | サザンハイブッシュ系品種

ジャガイモの新品種「デフラ」の収穫と自家製ポテトサラダ

f0018078_19404472.jpg

自家製ポテトサラダ


農家の店で偶然見つけた新品種のデフラの収穫です。

デフラは晩生で芋が大きく、多収性、やや粉質ということで育ててみました。

詳しい解説は↓こちらです。
デフラ


デフラの収穫
f0018078_1941555.jpg



サイズは確かに大きいのが多いですね。沢山ジャガイモの皮をむく必要がある人なんかには喜ばれそうです。
収量もキタアカリが40株で25キロくらいだったのがデフラは半分の20株で同じ25キロ程収穫できました。植えた時期は同じで収穫は一月ほどデフラの方が遅かったですが収量重視ならデフラは良さそうです。
線虫にも抵抗性があるからその点も良いのですが収穫が梅雨時と重なるから掘るタイミングが若干難しくなりそうなのはちょっと気がかりでしょうか。
今回は梅雨の晴れまで良い感じで収穫できました♪


取れた芋で自家製ポテトサラダです。(冒頭の写真↑)
キュウリ、人参、グリンピース、玉葱も自家製だからハムとかマヨネーズ以外は全部自家製のポテトサラダになりました♪(サンチュとサニーレタスも自家製です)



色々育てていると自家製で賄えるのがいいですね。

最近はポテトサラダ、カレー、肉じゃがなんかが食卓に度々登場します。
どれも大好きだから極端に続けて出されなければ大丈夫です(笑。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-25 20:34 | 菜園

ラビットアイ系の大文字の咢ア@ブルーベリー

f0018078_19253644.jpg



このブログを1年以上訪問いただいている方は覚えてらっしゃるかも知れませんが、我が家には一応ウィトゥが4本ある筈なんですが実は2本明らかにウィトゥではない品種があります。

この品種については花冠の形とか開花中の咢片の形とかヒントを色々探っていたのですが今ひとつサインが見つかりませんでした。

冒頭の写真がその怪しいウィトゥの幼果なのですが咢アの部分に割とはっきりと大文字の形に咢片が閉じています。


この特徴は私が知る所ではコースタルに最も顕著に現れて、程度に差はありますがブルーベルやクライマックスにもこんな傾向が見られます。
交配を遡るとブルーベルとコースタルとクライマックスは何れもキャラウェイとエッセルと言う同じ交配親から作出された品種であり、更にはプレミアにも受け継がれその子のラヒあたりにも受け継がれているようです。
(このあたりの写真については丁度1年前ほど↓こちらの記事でUPしてあります)
ウサギの瞳の中の小さな星

マルにはこうした傾向は見られないしウィトゥとは明らかに日向の部分の幼果の色が異なるからウィトゥではありません。


オーシャン貿易さんから来たことは確かなので当時、オーシャン貿易さんで扱っていたのはウィトゥ、オノ、マル、タカへ、ラヒだけですから消去法からいってオノかラヒであることは確かなようです。

昨年、かいづさん<からオノの苗を頂いているのですが今年は1花房しか咲かせなかったからどうも特徴がはっきりしません・・・。


この問題も今年も来年に持ち越しになりそうです(笑。




p/s
余談ですがオノ、ウィトゥ、タカへには国際名がありましてそれぞれ
オノ Tasty Blue
ウィトゥ Blue Magic
タカへ Blue Dawn
と呼ばれているようです。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-24 19:44 | ブルーベリー | Comments(4)

ためしてガッテン流トウモロコシの茹で方とトウモロコシの初収穫

f0018078_1993570.jpg


我が家でもようやくトウモロコシの初収穫にいたりました。
一昨年は6月15日で去年は6月24日が初収穫だったのでまあまあ平年並みなの収穫となりました。
一昨年は不出来で今年も春先に寒くって丈も低かったので心配しましたが、なんとかそこそこまともなトウモロコシに育ってくれたようで一安心です。
去年の記事↓
NHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方と焼き方&トウモロコシあれこれ




今回取れたのはゴールドラッシュです。
1本、市民農園のお隣さんに差し上げて生で食べてもらったところ余りの甘さに目を丸くしていましたよ(笑。

とりあえず今回はNHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方で茹でてみました。
やはり取れたてのトウモロコシは美味しいですね。
一年振りの甘いトウモロコシなのであっという間になくなりました。

これから3ヶ月くらい毎日2~3本取れるだろうと思います。
この夏はキュウリとトウモロコシが晩酌の肴のメインになりそうです。節約、節約!
でも半月もすれば飽きるかな(笑。





毎年紹介しているので
「NHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方と焼き方」を紹介しておきます。





NHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方

ガッテン流のトウモロコシの茹で方というのは
「水から入れて沸騰してから3~5分間茹でるというものです」



NHKためしてガッテン流のトウモロコシの焼き方

ガッテン流のトウモロコシの焼き方のコツは、生から焼くということです。

加熱時間は、次の通り

A両面焼きグリルの場合:
強火で10分(5分後に、90度回転させてください)

B片面焼きグリルの場合:
強火で12分(3分ごとに、90度回転させてください)

最後に、タレをつけてさらに、強火2分(様子を見て、返しながら焼いて下さい)。タレは、しょう油。または、しょうゆと砂糖を混ぜたものがよいでしょう。




既にNHKのHPではアーカイブから削除されている2005年7月27日放送分の
「★甘いウマさ丸かじり!とうもろこし新調理術」についてはこちらで纏めましたので詳しくは↓こちらをご覧ください。
ためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方と焼き方





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-23 20:06 | 菜園

ヌイとエチョータの最大果@ブルーベリー栽培

f0018078_18303658.jpg

ヌイの実



ヌイとエチョータの最大果
チャンドラー以外の大きな実の品種

先日から注目していたチャンドラーの果実ですが虫にやられて今年の500円玉サイズへの挑戦はあえなくと言うかあっけなくと言うべきか、ともかく 糸冬ってしまいました。

それでもチャンドラーの凄いのは23mm程度の実ならゴロゴロしているところですね。
他の品種も大きな実をつけるものがありますけどチャンドラーほどではありません。

冒頭の写真のヌイも大分大きいように見えましたが計ってみるとそれ程でもありませんでした。


エチョータの実も期待していなかった割には大分大きくなっていたので来年が楽しみです。
f0018078_18352561.jpg



エチョータ(中)は23,5mmくらいですね。
ヌイ(左)もそれくらいありました。
カロラインブルーは若干小さめのようでした。
f0018078_18374990.jpg



味の方は割りと評判が良くなかったように聞いていたヌイとエチョータは可もなく不可もなしというか思ったより普通に美味しかったと思います。愛好家の方たちは口が肥えてらっしゃるからこの程度では物足りないのかも知れません。カロラインブルーはちょっと風味が違っていたからその点は新鮮に思いました。



ブルーベリー大図鑑によるとヌイは咢アの部分が大きくて咢片が閉じているそうですが概ね矛盾していないようです♪

鬼太郎の親父で例えるなら瞳にあたる部分です(笑。



今日の収穫は1キロちょっとでそろそろジャムでも作ろうかと思っています。
f0018078_18553780.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-22 18:29 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(9)

実がつかない桃太郎が脇芽で出直し&トマトあれこれ

f0018078_19444131.jpg

トマトベリー
お気に入りの品種のトマトベリーは去年同様、奇麗な房なりで二つほど色づき始めてくれました♪




実がつかない桃太郎が脇芽で出直し


我が家の自根桃太郎はとうとう殆ど実がつかないまま背丈ほどになってしまいました。
f0018078_19452315.jpg


低い所でちゃんと受粉して成り癖をつけておけば良かったのですが時既に遅し・・・。
こんな事もあろうかと低い所の脇芽を取らずに残しておいたので、その脇芽で出直そうかと思います。
本線の太い幹を切り落として脇芽だけを残しました。
f0018078_19453547.jpg


早速、筆で人工授粉しておきました。
今度は低い所からちゃんと結実して欲しいものです。




ひょろ長いトマト苗の植えつけ方

前回のトマトの記事で触れたひょろ長い苗の植えつけ方です。
もうご存知の方も多いようですね。

こんな風に真横に植えて頭だけ土の上に出す感じで植えつけます。
そうすると地中の幹全体から根が出てくれるので根量が豊富になると言うわけです。
ホームセンターなどで売れ残った苗などはひょろ長くなっているものが多いからそういう苗の場合はこういう植え方がお勧めです。
f0018078_19475276.jpg


因みにこの苗は葡萄の鉢で自然に生えた実生のトマトです。
どんなトマトなのか皆目見当がつきませんがこれもまた楽しみになりました♪




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-21 20:43 | 菜園