<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

シャシャンボの挿し木用土とブルーベリーとの接ぎ木親和性

f0018078_1925093.jpg

我が家のシャシャンボの実です。


去年は鳥に食べられたから実はネットで守っています(笑。
f0018078_193975.jpg




さて、今日はReveilleさんのブログでの萌ブルーベリー園の仲尾様からの情報です。


シャシャンボの挿し木用土

シャシャンボの『挿し木は鹿沼土100%でかなりの率、発根する』
という情報がUPされていました。

宗像新発見 シャシャンボの旅 シャシャンボの群生編 より
私も来年の挿し木で試してみようと思います。





シャシャンボのブルーベリーとの接ぎ木親和性

シャシャンボ台木のブルーベリー接ぎ木での親和性についても

・エッセル
・ブルークリスプ
・レッドパール
・ミスティー
・サウスムーン
・リベイル
などは調子が良いそうですが
台勝ちしてしまう品種もあってブルークロップなどは台勝ちが著しいようです。


宗像新発見 シャシャンボの旅  シャシャンボ接ぎ木~大木編  より



シャシャンボは日本各地で自生していますがその殆どが実生と考えられるので各個体それぞれが異なる品種と考えて良いと思います。

接ぎ木親和性についても大体の傾向はあるとしても、そうした品種の違いによって差異が生じることもあろうかと思われます。

ブルーベリーの台木として優秀なシャシャンボの選抜や育種なども今後の課題になりそうに思います。
多くの方がシャシャンボ台木の接ぎ木をされるようになればそうした品種も自ずと浮かび上がってくるのかも分りません。




シャシャンボは日本に自生するブルーベリーの仲間でブルーベリー程、土壌を選ばない利点があります。樹も主幹性でブルーベリーのようにサッカーが発生することもなく宮崎大学の国武先生調査によると実の味・サイズ・収穫時期共にブルーベリーを台木とした接ぎ木と変わりなく取り立てて欠点も見つからないのでブルーベリーの台木として注目されている植物です。
シャシャンボについては↓こちらでも詳しく説明してあります。

シャシャンボを台木とする接ぎ木




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-30 20:02 | シャシャンボ | Comments(7)

ブルーベリー園の地表面管理

千葉県農業改良課技術指導室さんのレポートです。

簡単に言うとマルチについてです。

マルチについてのお浚いみたいな感じのレポートになっています。


ブルーベリー園の地表面管理

公園や街路樹等のせん定枝チップ、木材のチップ、稲ワラ、籾殻などが取り上げられています。

最近は針葉樹チップなども利用されているようです。

ラビットアイ系ではマルチなくても育つというようなニュアンスで書かれていますが、千葉県は温暖な地域ですから寒冷地ではラビットアイ系もマルチがないと厳しいかと思われます。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-28 20:32 | 用土 | Comments(4)

ブルーベリーの根鉢を崩す用具など

f0018078_1712795.jpg


我が家のブルーベリーの根鉢を崩すときの道具などです。

小さな苗とかなら大抵手で済ませますがコンテナとかだと結構大変なので右の2本とか真ん中あたりの小さなツルハシみたいなものでやっています。
(他のは大体雑草取りのときの道具です)
大きな木のある方は↑で紹介したの3本のうちの1本くらいはあると便利だと思います。

根鉢の底の部分は使わなくなった包丁とかで切ったりします。


ついでに家にある古めの農耕用具もちらっとUPしておきます。
丸いのは直線を見るためのもので大工の墨坪にちょっと似た感じの用具です。
f0018078_1725127.jpg


今日、紹介した用具は大体が婆様の道具で私が買ったものは殆どありません。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-25 20:10 | ブルーベリー | Comments(9)

最近の庭の花たち

f0018078_1835097.jpg

パイナップルセージ

クリスマスまで一月となって今朝も大分肌寒く感じました(我が家の最低気温は7,4度)
我が家でも花とかは少なくなりましたが最近になって咲き始めるものも出てきています。



黄色のマリーゴールド
(マリーゴールドはオレンジも咲いていますが株立ちが悪いからそちらは割愛)
f0018078_1841153.jpg


ピンクの撫子は三輪だけが風にそよいでいました。
f0018078_1843094.jpg


隣の垣根の山茶花も大分咲いてそろそろ満開になりそうな勢いです。
f0018078_1844935.jpg


アロエの蕾も大分大きくなって年内にも咲きそうです。
(ピンクのオキザリスも其処此処で咲いています)
f0018078_185642.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-24 20:02 | 花や観賞用植物など

ブルーベリー登録農薬のカリグリーンが有機農産物に使用可能な件

f0018078_1754073.jpg


ブルーベリー登録農薬のカリグリーン(炭酸水素カリウム水溶剤)が日本農林規格の改正により10月27日より、有機農産物に使用可能となりました。

成分
炭酸水素カリウム・・・・80%製剤


元々収穫日まで使用でき使用回数も制限はないような薬だったんですが更にハードルが下がったという感じでしょうか。

登録は他には麦類、野菜類、ホップ、たばこ、花卉類・観葉植物のうどんこ病、灰色かび病などに登録が有ります。。(トマト、ミニトマトについての詳細はリンク参照)
有機農産物生産を目指すブルーベリー農園の方には朗報かと思われます。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-23 20:59 | ブルーベリー

自家製砂糖落花生と揚げ落花生作り

f0018078_154415.jpg

秋に取れた落花生も茹でたり炒ったりして食べていますが今回は趣向を変えて揚げ落花生と砂糖落花生などを作ってみました。
我が家では砂糖ラッカとか揚げラッカと言う風に縮めて言ってます。
揚げ落花生は砂糖ラッカセイを作る過程でできるのでそこで味だけみて全部砂糖ラッカにするのも良いですよ♪

作り方

揚げ落花生
1)生落花生200gを180℃の油で5分間揚げる
2)揚げ上がった落花生の油を切る
3)適宜塩を振る

砂糖落花生
1)生落花生200gを180℃の油で5分間揚げる
2)揚げ上がった落花生の油を切る
(ここまでは揚げラッカセイと同じ)
3)鍋に砂糖100g、水20~30CC程度を入れ、焦げないようにシャモジなどでかき混ぜながら煮込む
4)数分経ちシャモジに付いた砂糖が細かな気泡で一杯(砂糖の水分がなくなってトロミがついてなべ底が見えるくらい)になったら火を止めて、揚げた落花生を入れて手早くシャモジで混ぜ合わせる
5)砂糖が乾燥するまで混ぜ合わせれば完成(黒砂糖でも可)

なお、揚げるときは180度の油に入れますがそのまま火をつけておくと温度が上がりすぎて焦げてしまう場合があります。
我が家でも揚げすぎてちょっと焦げ気味で苦味がありました(笑。
火をつけたままなら3分くらいで良いかもしれません。

実際作ってみるとあっけないくらい簡単でした。

ちょっと揚げすぎてしまいましたがそこさえ気をつければ次回は美味しくできそうです。
砂糖ラッカセイは美味しくてこういうのがこんな簡単に出来るのには私自身ちょっとビックリでした。


近々もう1回作ろうと思います。

多分、市販の落花生でも簡単に糖衣が出来ると思うのでためされてはいかがでしょう。
そのまま食べられるものは揚げる必要はないと思います)

おやつが無いときなどもってこいです♪
お子さんにも喜ばれると思いますよ!


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-23 20:51 | 菜園

ほうれん草とニンニクや人参の株間栽培

収穫
f0018078_1582275.jpg

ワケギが良くてヌタとか薬味、味噌汁などにも活躍しています。
ブロッコリーの脇芽も大分取れ始めました。
三十日大根
白菜
白菜間引き菜
壬生菜
ニラ


去年は玉葱の株間でほうれん草を作りましたが今年はニンニクや人参の株間でほうれん草を育てています。
ほうれん草は葉物だからニンニクや人参と一所に育てると窒素分を吸収して燐とカリは残りそうなんで良いんじゃないかと勝手に考えています。


ニンニク株間ほうれん草
ニンニクはマルチした方が良いようだからこれで最後かもしれません。
f0018078_1585774.jpg


人参株間ほうれん草
人参が2列で真ん中がほうれん草、人参の右側にチンゲンサイ、左側はわさび菜を育てています。
f0018078_1591937.jpg


今年はワケギが成績が良くって何度もヌタで食べています。
手前は大根がようやく本葉が出てきています。
(奥は白菜、手前は白菜と長ネギ)
f0018078_1594068.jpg


ツタンカーメンエンドウと砂糖エンドウもようやく一畝植え付けました。
f0018078_15101939.jpg


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-22 20:07 | ブルーベリー | Comments(6)

冷凍無糖濃縮ブルーベリー

f0018078_18211916.jpg


早めに消費するタイプのブルーベリージャム5キロ程がそろそろ底をつきそうなので追加でジャムを作ります。

こんかい初めて試すのが↑写真の冷凍無糖濃縮ブルーベリーです。

冷凍のブルーベリーも4キロ程あるのですが冷凍庫のスペースを結構占めるので家人から頗る評判が悪く、せめてもと思って作ったのがこの無糖濃縮ブルーベリーです。

簡単に言うと砂糖を加えないで煮詰めて水分を飛ばしたブルーベリーです。
これで1キロ(写真はそれぞれ500gずつ)なんですが確か2キロくらいあったのを半分程度に煮詰めたものだったと思います。

ブルーベリーもそのまま冷凍すると2キロでもかなりスペースを必要とするけれどこういう形にすると私の感じではスペース的には1/4くらいになっているように感じます。
(実と実の間の空間もない分小さくなるように思います)

この濃縮ブルーベリー500g(写真のうちの一つ)に冷凍のブルーベリー500gと砂糖300g位を加えてジャムを作ります。

多分、1キロくらいのジャムが出来ると思いますが味的にどうなるか楽しみです。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-21 20:19 | ブルーベリーの加工 | Comments(3)

天然有機燐酸肥料、バットグアノについて

ブルーベリーには向かないその他の果樹などへの肥料のバットグアノについてです。
f0018078_1301761.jpg


最近、ホームセンターで見かけたバットグアノという燐酸肥料についてです。
f0018078_1304734.jpg


f0018078_1311572.jpg


基本的には燐酸と石灰成分が大半なので過燐酸石灰に似ている肥料のようですが天然のものなので微量要素も含んでいるのが良いかもしれません。
画像をクリックすると大きく見やすくなります。
f0018078_1315619.jpg


価格もカインズホームセンターの予約販売だと15キロで1180円だから過燐酸石灰あたりと大体同じくらいでヨウリンよりはちょっと高いくらいでしょうか。
一時期の石油高等の折の化成肥料の値上がりでその他の燐酸肥料も値が上がったので相対的にバットグアノの値段が割安感が出てきたのだと思われます。


燐と石灰だけを効かせたい時には良さそうな感じで、
肥料焼けとかも起こしにくいらしいのも良さそうな感じです。


私としてはブルーベリー以外の果樹とか一部の野菜(ジャガイモとか実物野菜)に使ってみようと思います。



以下バットグアノについての資料など

バットグアノは、コウモリの糞を主体に、それに群がる昆虫類の遺骸やコウモリの遺骸などが混ざったものです。



メーカーHP↓
バットグアノとは


ジョイフル本田のバットグアノの説明

バットグアノとは?
コウモリは昆虫類を主食とし、栄養価の高い糞を排泄します。その糞が巣である石灰質の洞窟に数年間堆積し、自然熟成・乾燥した天然肥料がバットグアノです。
バットグアノは「肥料の王様」や「幻の肥料」と呼ばれるほど、植物に必要な栄養素を豊富に含んでいます。
 
特長
バットグアノは緩効性と持続性を併せ持った肥料です。成分は土壌に徐々に浸透し、息の長い効果が得られます。稲や果樹栽培の肥料に使用すると、色艶が増すと共に糖分が向上します。
バットグアノは有機肥料です。コウモリは昆虫類を主食としているため消化器官が発達しており、完全に消化されて排泄されます。 排泄物といっても化石化していますので完全無臭。室内の鉢植え等にも安心して使用することができます。
   
濃度障害
植物を育てる上で欠かせないのが「肥料」。 しかし、良かれと思って肥料を与え過ぎてしまうと土壌を傷付けてしまい、濃度障害(根焼け・根腐れ)を引き起こしてしまいます。その心配を取り除いてくれるのがバットグアノです。バットグアノは与え過ぎても濃度障害を起こすことがなく、誰でも安心して植物を育てることができます。

リン酸の効果
バットグアノは「有機リン酸肥料」です。リン酸は毛根の発育を促すと共に茎を丈夫にさせることで、花持ちや結実が良くなります。また、色艶が増したキレイな花を咲かせます。
リン酸の効果は土壌に固定されにくいため、酸性土壌や火山灰土壌などでも有効に働きます。


グアノとは



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-20 20:56 | 果樹

ブルーベリーの剪定と冬期管理

そろそろ剪定の季節ですね。

千葉県農業改良普及情報ネットワークさんで剪定の分かり易い図説があったので紹介しておきます。

詳しくは↓リンクをご覧ください。
フィールドノート ブルーベリーの冬期管理ポイントは花芽整理~受粉


剪定のことについての記事のときはいつも書くのですが、来年実らせる枝、再来年実らせる枝(来年の春に再来年実らせる枝を出す・参考リンク図1、B)、3年後に実らせる枝のため切り戻し(参考リンク図1、C)、など将来のことも考えながら剪定すると楽しく作業できるような気がします。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-19 20:38 | 剪定 | Comments(7)