カテゴリ:菜園( 439 )

挿し木出来る野菜たち>ナスとモロヘイヤとオクラetc

f0018078_19214820.jpg

挿し木実験でナス、モロヘイヤ、は挿し木が出来ることがわかりました。


他にオクラ(jigitariさん情報)やピーマン、しし唐(拓巳さん情報)、エンサイ(空芯采)も挿し木は出来るようです。

トマトは有名ですし、キュウリやカボチャは取り木で増やすことが出来そうです。

今朝も秋用にトマトベリーの挿し木をコンテナに植えつけておきました。

ナスもコンテナに植えつけようと思っています。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-08-20 20:19 | 菜園

やっとカンピョウ剥き&サトイモもお辞儀しています。

f0018078_1945178.jpg

晴れが続くようなのでカンピョウ剥きがやっと出来ました。
今回は沢山夕顔もとってきましたよ。

一部は実が入りすぎでプカプカでもうカンピョウは出来ない状態になっていました。
そういうのは種用として種を取り出しておきました。
f0018078_19514100.jpg


強い日差しなので1日でかなり乾くと思います。
(場所があるなら平らに干した方が早く乾きますよ)
f0018078_1953169.jpg


あまりの日差しの強さからから一部は私の背丈を超えるほどになったサトイモもグッタリお辞儀していました。
この暑さではとても外で作業も出来ず夕方まで部屋でおとなしくしてました。
f0018078_1974485.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-08-08 20:04 | 菜園

今日はかんぴょう剥き

日テレの番組の「噂の県民ショー」によると普段とちょっと変わった事をするときは大阪のおばちゃんは何でも最後に「大会」と言う言葉をつけるそうです。

それに倣って

今日はかんぴょう剥き大会や~


畑で取れたかんぴょうはこんな感じです。
f0018078_1613697.jpg

f0018078_1615837.jpg


これをパックリ二つに切ります。
写真では切り目が大分ずれたのでやや修正しました。
f0018078_162244.jpg


ともかくも種のある真ん中部分をくり抜きます。
本場の農家は機械で外側から剥きますが小さな干瓢剥き器では外側の皮を残した方が良いのです。理由は外側の皮が一番しっかりしているから残っているとグニャグニャせずに最後の方まで削れるのです。

因みに芯の部分も食べられます。お味噌汁とかに入れても美味しいです。イメージとしては冬瓜みたいな感じと思っていただければと思います。
ある意味干瓢があったら冬瓜も作る必要はないかもしれません。
f0018078_1624446.jpg



干瓢剥き器の構造はというと小さなカンナを思い浮かべていただければいいと思います。
最初はまず丸いままで中に干瓢剥き器を当てて回転させながら削っていきます。
イメージとしては干瓢剥き器がハムスターのように一番下で中を削ります。そうしつつ干瓢をずらす様に回転させて
どんどん回していくわけです。
そうしていると干瓢は柔らかいからどこかで折れてしまう部分が出てきます。そうしたら今度は平らにして削ります。
こうなると大工さんがカンナで木を削る感じにかなり近いイメージになります。
f0018078_1635479.jpg



後はこれの繰り返しで芯を抜き、中を削り、開いて又削り・・・・・
f0018078_1642389.jpg



やはりこういうのをしているとどれくらい長いのが出来るかの競争になりますね(笑。
今回は3mくらいのが一番長かったです。
今年は大分大きくて過熟に過ぎたかと心配しましたが全然そんなことはなくて寧ろまだ未熟くらいの感じに思いました。もうちょっとしっかりしていたら5mくらいまではいけそうな気がします。
f0018078_1644660.jpg



剥いたものは順に物干しで干して三日ほど天日で乾燥させれば出来上がりです。
これだけの量が大丸かんぴょう1個からとれました。
f0018078_1652739.jpg



今年は大長かんぴょうも育てていますがやはり大丸干瓢と比べると明らかに1個で作れる干瓢の量が違います。

種も沢山取れました。
やはり畑でデッカイまあるい物体があるのも楽しいので来年も作ろうと思います。
f0018078_1654775.jpg



かんぴょうって干したのをスーパーなんかで買うと結構高いからかんぴょう作りはお勧めですよ。保存も利きますからね!
栽培もスイカとかの台木にされるくらいだからかなり育てやすいと思います。うどん粉病にも少なくともカボチャよりは耐性があるように思います♪



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-07-12 20:06 | 菜園 | Comments(3)

焼きトウモロコシ2種

f0018078_1944024.jpg

朝から雨でブルーベリーの写真が無かったから焼きトウモロコシの写真でもUPしておきます。
↑これは網で焼いて砂糖醤油でたべました。

↓こちらは皮ごと焼いて食べました。皮を剥くときにホワッって蒸気と香りが広がります♪
f0018078_1964450.jpg


勿論どちらも自家製でこれで第一弾が終わりです。第四弾までずらし蒔きしているからお盆くらいまでずっと食べられます。

こんな感じで食べました。
f0018078_19165620.jpg

[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-30 20:58 | 菜園 | Comments(5)

ためしてガッテン流枝豆のゆで方

f0018078_16405982.jpg

我が家でも枝豆が取れ始めています。
(トマトベリーとかイチジクもとれています)

毎年恒例のNHKためしてガッテン流枝豆のゆで方を紹介しておきます。
私自身、毎年忘れて今の時期になると自分の過去の記事を検索して読み直しています(笑。


ガッテン流枝豆のゆで方


◎「甘いプリくらの枝豆のゆで方

1、さやを切り塩もみする。面倒くさい人は「1時間」置くとしみこむ。
塩もみした後は洗い流さず、その塩もいっしょに鍋に入れる。

2、4%の濃度でゆでる。(水1リットルに、塩40グラム、枝豆250グラム)塩もみで塩を10グラム使う時は、ゆでるのに30グラム使う。塩もみ・ゆでる時の塩の総量が40グラムになればよい。

3、沸騰した湯で3~5分ゆでる

4、ゆでた直後は、とても熱いので、うちわで冷ます
塩振りは4%でゆでれば良い塩梅になるので必要がない。
しかし、しょっぱいのが好きな人はお好みで。


◎「枝豆高級化改造計画」
普通の枝豆も緑茶と一緒に茹でると茶豆の味に近づくそうです。




詳しくは↓こちらをご覧ください
ガッテン流枝豆の茹で方



暇ネタなんでコメントはなしにしておきます。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-26 20:55 | 菜園

NHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方と焼き方&トウモロコシの初収穫

我が家でもようやくトウモロコシの初収穫にいたりました。

去年よりも半月ほど遅い収穫となりました。


とりあえず今回はNHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方で茹でてみました。
やはり取れたてのトウモロコシは美味しいですね。あまりの甘さに目が覚めました(笑。
f0018078_15314712.jpg



毎年紹介しているので
「NHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方と焼き方」を紹介しておきます。


NHKためしてガッテン流のトウモロコシの茹で方

ガッテン流のトウモロコシの茹で方というのは
「水から入れて沸騰してから3~5分間茹でるというものです」



NHKためしてガッテン流のトウモロコシの焼き方

ガッテン流のトウモロコシの焼き方のコツは、生から焼くということです。

加熱時間は、次の通り

A
両面焼きグリルの場合:
強火で10分(5分後に、90度回転させてください)

B
片面焼きグリルの場合:
強火で12分(3分ごとに、90度回転させてください)


最後に、タレをつけてさらに、強火2分(様子を見て、返しながら焼いて下さい)。タレは、しょう油。または、しょうゆと砂糖を混ぜたものがよいでしょう。



皆さんもこれからはトウモロコシを買う機会もあると思うので試されてはいかがでしょう。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-24 20:26 | 菜園 | Comments(2)

トマトベリーの収穫

f0018078_714834.jpg

トマトベリーが取れました。一房に30個くらい実がつくようです。尤も一番下の花が咲く頃には一番上は収穫してしまうから30個ついてる姿を見ることはできません。


形は底がとがっていたらもっとイチゴっぽかったのでしょうがこの形だとイチゴと言うにはちょっと・・・。
f0018078_7144919.jpg


一応水には沈んだので我が家としては合格点です。
雨避けがちゃんと出来ていないから甘さは感じられませんでしたが・・・。
f0018078_7152390.jpg


大玉トマトのほうはまだ色づく気配もなくてカメムシたちがモゾモゾ動いておりました。

我が家ではマジックリンを濃い目に薄めて不要になった洗面器に3cm程も入れてその中にカメムシを落としています。カメムシはナス、しし唐、ピーマンにもつくのでこれがあると結構簡単にカメムシを取り除けます。カメムシ取りをサボると増えてしまって洗面器がカメムシでいっぱいになることもありますよ(笑。




市民農園ではジャガイモの実を見つけました。
実物を見るのは初めてでした。
f0018078_715553.jpg



市民農園の収穫はこんな具合です。
f0018078_7162042.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-19 07:03 | 菜園 | Comments(3)

黄ニラ出来ました♪

先週の木曜日の夕方に始めた黄ニラ作りですが1週間も経たない内に出来ちゃいました♪


ニラって本当に伸びるのが早いんですね。
こちらは同じときに刈って普通に日に当てて育てたものです。
f0018078_7232474.jpg


こちらがバケツを被せて完全に遮光して育てたものです。
f0018078_7234534.jpg



黄ニラ繊維が柔らかく、甘みもあり、香りも上品になるようです。
他のニラにはないアホエンという成分が多く、脳の老化防止、記憶力向上効果があるそうで、100度以下で油と一緒に調理すると効果が発揮できるようです。
もうちょっと伸ばして収穫しようと思います。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-10 07:21 | 菜園 | Comments(1)

黄ニラ作り

f0018078_7321097.jpg

我が家では其処ここにニラを生やしています。


いつも青いものばかりを食べていますが、ちょっと趣向を変えて黄色いニラを作ってみることにしましたよ。

黄ニラの作り方

作り方は簡単です。
生えているものを収穫して(刈り取って)其処にバケツなどを被せて光を遮ればOKです。


刈り取って
f0018078_7324160.jpg


バケツを被せておけば黄色いニラが生えてきます。
(アスパラの時の軟白と同じやり方です)
f0018078_7334898.jpg



家庭菜園などをされている方は畑の片隅にニラを生やしている方も多いのではないでしょうか。
気が向いたら試してみてください。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-05 07:34 | 菜園 | Comments(0)

1片ニンニク栽培>花と種取と近況

去年、我が家で1個だけ1片ニンニク出来ましたので玉葱の畝の片隅というかブルーベリーの鉢の脇に植えるともなく育てていました。


普通ニンニクは分ケツするから1片を植えて増やすのだけれど1片ニンニクは増えないから増やせません(笑。

それでは種を取ったら1片ニンニクが出来るかもしれないと素人考えで密かに育てていたわけです。

この度無事成長して花を咲かせているので現在の様子をUPしておきます。


1片にんにくの花
大きな薄紫の花です。ゆうに直径が10cm以上あります。
f0018078_6323935.jpg



株自体もかなり大きくなりまして花までの高さは1、5m以上にもなりました。
(因みに青い鉢はウッダード、左はブライトブルー)
f0018078_633175.jpg



肝心のにんにくの玉の部分はどうなったかと言うと
玉を触るとボコボコしているのが分かります。
今年は分ケツしたようです。
玉もでかいですよ。
こちらも10cmオーバーです。
f0018078_6332430.jpg




それが証拠に株の途中にも葱坊主がありました。
f0018078_6341318.jpg



ともかくこのまま種をとって蒔いてみる予定です。
花が終わって玉を掘りあげたらまた記事にするつもりです。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-03 05:34 | 菜園 | Comments(7)