カテゴリ:菜園( 451 )

ニンジンの切干作り

イメージ 1



今年も沢山ニンジンを作っています。

ニンジンもそのままだったらそれほど沢山食べられませんが切干にすれば長期保存が可能ですから作っておけば重宝します。


我が家は五目の散らし寿司とか割と多めに作る家庭で月に2回は作っています。
その散らし寿司の具材としてはニンジンは必ず入れたい食材なので切干があれば何時でも戻して使えます。



昨日の朝から作り始めて(↑写真)




今日の午後には、これくらいまで小さく縮んで大分量も減っています。


イメージ 2






本当にかなり小さく縮んでしまうので、あまり小さく切り過ぎないようザックリ大きめに切って置くのがコツですね。



今日は日差しが弱かったので日差しがあったら、もっと乾燥していただろうと思います。



明日から冬型の気圧配置が強まるようで、明日、明後日と二日も干せば完成できると思います。











宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園

















[PR]
by BlueBerryNote | 2017-12-10 20:20 | 菜園

タアサイとホウレンソウの屋内育苗と玉葱の植え付け


イメージ 1


晩生の玉葱の植え付けも今日の作業で終わりです。



今年は10月の天候不順の影響で目標の600本を大分下回る540本ほどの植え付けです。
しかも、例年だったら捨てているような生育不良の苗まで入れての数字ですから今年の玉葱の育苗は大分苦戦を強いられました。


一応、晩生玉葱で3畝作ることが出来たので、なんとか格好はつきました(笑



写真は手前が晩生の玉葱。

玉葱の向こうにブロッコリー、キャベツ白菜などの畝が二つありましてそれの向こうがニンジンで
一番奥が早生の玉葱3畝です。








タアサイとホウレンソウの屋内育苗



一通り植え付けが終わってしまったわけですが、丁度一畝分程スペースが残っていたので其処に植えつけるタアサイとホウレンソウの屋内育苗をしています。




日当たりの良い履きだし窓の窓際にセルトレイのタアサイとプランターにはホウレンソウを播きました。

イメージ 2




この時期ですと外だと全然成長してくれないけれど屋内だったら割と順調に大きくなってくれるので年内いっぱい位まで中で育てる予定です。

来年の2月頃には収穫できると思います。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園













[PR]
by BlueBerryNote | 2017-12-03 20:04 | 菜園

新春玉葱の肥大と晩生玉葱の植え付け


イメージ 1



新春玉葱の近況です。

既に肥大が始まっていて一番太い株の玉の大きさは3,5cmくらいにまでは育っています。

理想的な収穫時期が1月下旬と言われているので、それまでにはあと2ヶ月。

暖かい日が続いてくれれば遅くも2月上旬頃には収穫出来そうに思います。








一方、長期保存用の品種の釣り球パーフェクト。
3月頃まで保存が可能な品種です。

10月の天候不順の影響で今年は本数が大分少なくなりそうですが、とりあえずの第一弾。
200本の植え付けです。


イメージ 2



苗の太さは5mm前後が多いので理想的だと思います。





今年もマルチに植えつけました。

晩生の場合は育ちすぎても困るので2月頃には外します。(マルチ)

イメージ 3



一応、第二弾の分のマルチも敷いておきました。
そちらは来週植えつけます。








おまけ

畑の様子。



イメージ 4


手前から

3月下旬収穫の極早生玉葱(黄陽)
1月下旬収穫予定の新春玉葱
大根
ニンジン
キャベツと手前が白菜
ブロッコリーと手前が3月収穫分のキャベツ

その向こう側に晩生の玉葱を植えました(2番目の写真)










宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-11-26 20:55 | 菜園

エンドウの風除け設置と青梗菜発芽


イメージ 1


ブロッコリーの初収穫です。
結構大きいのがとれました(一番長い直径が16cm位)。




エンドウが植え付けサイズの育ってきたので植え付けしてから風除けも設置しておきました。

アクリルパネルをメインに据えてその他は有り合わせの廃材で間に合わせておきました。


イメージ 2


植えつけたのは砂糖エンドウと実鳥とスナップエンドウです。

因みに奥に見切れている浴槽には雨どいからの雨水が入るようになっています。





成長が大分遅れた玉葱の苗は漸く3mm程までになったので月末くらいには第一弾が植えられそうです。

イメージ 3


真ん中付近はホウレンソウ。左のネットは白菜です。







マルチに播いた青梗菜も無事発芽してくれたので運がよければ年内収穫出来そうです♪

イメージ 4




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-11-12 20:08 | 菜園

新春玉葱の近況と豌豆の発芽&10月23日の豪雨の状況も


イメージ 1


豌豆類が発芽しています。


3連休には、この豌豆を植える畝を3本作っておきました。

もうちょっと大きくなったら植えつけます。





早ければ1月にも収穫できるという玉葱は少し根っこが太ってきました。
まだ、一番太いところで2cm弱程度です。


台風で傷んだり、日照不足だったりしたので若干遅れて1月の収穫は難しいかもしれませんね。


イメージ 2






おまけ。

10月23日の台風では我が家の家の前の道路が冠水しましたよ。


真ん中付近の雑草の手前が溝で向こう側が道路です。



イメージ 3


イメージ 4



建物自体は道より少し高いので、そちらの被害は大丈夫。
これくらいの冠水は10年に1度くらいはありますね(笑











宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-11-05 20:31 | 菜園

豌豆の種まきとかゴールデンライオンタマリンとか


イメージ 1



今週もまた台風の接近ですね。
我が家付近は今日の16時前後が一番接近するようですが大分形が崩れているので大きな被害はなさそうです。
とは言っても雨が続いていますから地盤が緩い所も少なからずあるそうなので、進路付近にお住まいの方は呉呉もご注意ください。




さて、大分涼しくなったので浜松市の動物園に行ってきました。

今回言ったのは浜松市動物園。
ゴールデンライオンタマリンという猿(↑写真)は日本で此処でしか見ることが出来ないということです。


ついでに自衛隊の広報館も行きました。

イメージ 2

戦闘機のコックピット





雨ばかり続くので畑の仕事は殆ど出来ず・・・・・。


時期的にそろそろということで豌豆の種まきだけはやりました。

今年蒔いたのはスナップと実取りとサヤエンドウの3種です。

イメージ 3






日照不足で玉葱の苗も成長が頗る悪し・・・。

イメージ 4




本当に今年の10月は雨ばかり多くって野菜の成長が大分遅れているようです。

市場の価格も高騰しそうな予感・・・。







おまけ

フラミンゴ


イメージ 5








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-10-29 18:53 | 菜園

コンニャク芋と宇宙芋


イメージ 1



観察目的で栽培していたコンニャクイモです。

植えたときは子供のコブシの大きさでしたが今では大人のコブシ両手分以上ありますね。

重さは700グラムくらいです。


農家の方が収穫するにはもう1年育てる必要があるそうですが、私としてはこれで終わりにしようかな・・・・。

コンニャクを作るのも大分面倒臭い様だから(笑。





宇宙芋の経過

宇宙芋も今年初めて栽培してみた植物です。

イメージ 2



普通の山芋と概ね似ている地上部です。



違っているのは地上部に、結構大きな芋が出来ることですね。

イメージ 3



これくらいのがもう一つと、半分くらいのが3個くらいありました。


これは見ていて楽しいですから来年も作って見るかもしれません。





雨が続くので畑には行かないで、庭の一部でキャベツとブロッコリーを植えました。


防虫ネットのトンネル支柱を有り合わせで間に合わせたキャベツと白菜の畝ですね。

イメージ 4




ブロッコリーも害虫が酷いのでネットを張ってオルトランも少し散布しておきました。

イメージ 5











宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園

[PR]
by BlueBerryNote | 2017-10-15 20:10 | 菜園

スライムかぼちゃと極早生玉葱の植え付け


イメージ 1



毀れ種から生えた実生の苗を放って置いたらスライムかぼちゃが出来ていました!


かぼちゃも色々あるけれどこう言う形は珍しいと思います(笑。






極早生玉葱植え付け


先週は超極早生玉葱を植えました。
今日は普通の極早生です。


イメージ 2




今年は彼岸が過ぎてから暑い日が続くので玉葱の苗も随分成長が早いです。






インゲン収穫


インゲンも収穫できるようになりました。
毎秋作っていますけど、本当に簡単で収穫量も多いので秋のインゲンはお勧めです。
(品種はケンタッキーワンダー)

イメージ 3






晩生の白菜とキャベツの植え付け



イメージ 4

晩生の巻物も植えました。

今年は害虫が酷いのでオルトランも撒いていますが、それでも苦戦しています・・。
これも10月になってからも気温がなかなか下がらないのが原因じゃないかと思います。



プランターに蒔いた玉葱の種の経過


1週間経ってお行儀良く発芽してくれています♪


イメージ 5










宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-10-08 20:12 | 菜園

超極早生品種、新春玉葱の植え付けと落花生ご飯


イメージ 1

昨日取れたジャンボ落花生の「おおまさり」で落花生ご飯を炊きました。

ホクホクしていておいしいですね。

秋の我が家の定番ご飯です。





新春玉葱の苗が出来ました♪



イメージ 2


8月20日蒔きで苗が出来るか心配でしたが暑い時期の苗の成長は思ったよりも随分早いものですね。

太いものだと1cm近くに育ったものもありますよ。(葉っぱの長さは40cmくらい)

(種袋によりますと8月20日播種の10月1日植え付けとなっています)



イメージ 3

普通の65cmのプランター三つで200本弱出来ています。




14x15のマルチに植えつけておきました。


基本的に成長がとても早い品種のようなので経過がとても楽しみです♪

イメージ 4






プランターでの玉葱苗の播種方法




イメージ 5


プランターに軽く一握りずつ苦土石灰と化成肥料(8-8-8)を蒔いて土を混ぜます。
手頃な棒で蒔き筋をつけて2cm間隔で蒔いていきます。
私の場合は大体3粒ずつ摘まんでから一粒ずつ置いていきます。
何処まで蒔いたか分からなくならない様に蒔いた所の下のスペースに小指で軽く穴を付けて
目印にしておきます。(写真参照↑)




蒔き終わったら覆土して、うっすら苦土石灰で覆います。

イメージ 6




さらに粗めの笊で篩ったピートモスも薄っすらかけて覆います。

イメージ 7



如雨露で軽く水をかけて石灰とピートモスを落ち着かせて出来上がり。



1週間くらいは毎朝夕水遣りします。

強い雨が降るようでしたら雨が当たらないように適当なもので覆います。



こんな感じで蒔いています。


一粒ずつ蒔いていくので、その点は面倒ですが、
その後間引く手間がないことと何より種が一粒も無駄にならないのが自慢です(笑。



後は20cmくらい育ってきたら追肥と少し増し土をしてあげるだけで大体苗が出来ますね。









宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-10-01 20:51 | 菜園

ジャンボ落花生の収穫とジャンボニンニクの植え付け

イメージ 1



ジャンボ落花生の「おおまさり」の収穫です。


まだ小さい粒が結構多く残っていたので、もう少し後で収穫したほうが収量は多くなると思います。

家庭での消費ですので一度に沢山取れても食べ切れません。
これから畑に行く度に1~2株ずつ収穫すると良さそうです♪


畑にはあと12株くらい残っていると思います。


そうそう、落花生には害獣が忍び込んだ跡がありまして、ネットを張って裾には土を被せてましたがネットを土から引きずり出して裾から潜り込んでいるようです。

ハクビシンか狸かイタチあたりのようですよ・・・。


ネットの裾をもう一度深く埋め戻し、さらに土を高めに被せておいたので大丈夫だろうと思います。





ジャンボニンニクの植え付け


イメージ 2


今年も沢山ではないですがジャンボニンニクも種更新程度には栽培しようと思います。

ジャンボニンニクは7~8cmくらいまでは1球ニンニクになりますが、それ以上だと分球して2~6片ニンニクになりますね。










去年はお休みしたラッキョウですが今年は一畝程度作ります。

ようやく芽が出揃って蕾をつけるようになったので蕾は摘んでおきました。

一昨年はマルチで育てたラッキョウでしたが、マルチは必要ない(或いはないほうが良い)とのことなので今年はマルチは使いません。


イメージ 3













宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHPBlueBerryNote家庭菜園や果樹栽培も含めたブログブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2017-09-24 20:15 | 菜園