カテゴリ:流通関連( 8 )

東京市場ブルーベリー入荷量、No1は愛媛県

ブルーベリーとTPPについて調べるに当たってブルーベリー関連のHPを見ていたところ愛媛県のブルーベリー出荷量が急激に増えていることに気がつきました。


資料はブルーベリー協会の

統計に見るブルーベリー青果の輸入と東京市場入荷量
というpdfを見ていただければ一目瞭然です。

2009年1〜12月東京都中央卸売市場ブルーベリー青果入荷量で
群玉千ばらき(群馬、埼玉、千葉、茨城)当たりを牛蒡抜きしてtopに成っています。

とは言っても栽培面積的にはまだ決して多いと言うわけではないようです。
参照↓

松山番組ブログNHK 2010年4月内 【季節映像】ブルーベリーの収穫

ブルーベリー 神果神戸株式会社

アバウトに東京市場の出荷量が20トン、ブルーベリー農家のかたが40戸とすると1戸あたり500キロ程度の出荷量ということでしょうか。
ブルーベリー1本で2,5~5,0キロ取れるとすると200~100本程度ですからそんな感じかもしれません。


市場での単価の高さでも分かるように温室栽培で高値の時に大都市に出荷しているようですね。
県内でも徐々に応援の輪も広がり始めているようです。参照↓
愛媛銀行 ブルーベリー鉢の営業店への配置について


以前から愛媛の農家の方があちこちのブルーベリー園に訪問されて研究をされていることはチラホラ耳にしていましたがこんなに早く成果を出されるとは「凄いな~」と思わずにはいられません。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-11-25 20:37 | 流通関連

極晩生のブルーベリー市場価格について

スーパーで外国産ブルーベリーが売られていました。

オレゴン産
HURST’S BERRY FARM
f0018078_19505720.jpg


カナダ産
South Alder Farms Ltd
f0018078_19512631.jpg




気になった点は二つありました。

一つは色んなベリーを取り扱っているということ。

BLUEBERRIES
BLACKBERRIES
RASPBERRIES
KIWI BERRIES
CURRANTS
GOOSEBERRIES (ジャンボグーズベリーなんてのもあるようです)



もう一つは値段がそれほど高くは無いと言うこと。
晩生は早生ほど高くないということです。
f0018078_19551834.jpg



秋は日本の収穫終期に北米や南米の産地の収穫が被るからやはりあまり価格は高騰しないようです。
一番の高値はやはり4月じゃないかと思います。


営利の方は4月の収穫を狙っても面白いと思いますが自宅の庭ではやはり極晩生の品種も欲しいと思います♪



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-09-29 20:45 | 流通関連 | Comments(7)

チリ産ブルーベリーの価格

f0018078_17525260.jpg


1月23日に紹介したのとは違うラベルのチリ産ブルーベリーが売られていました。


以前と価格は同じでした。
2ヶ月経っているから前回のはハイブッシュ系で今回のはラビットアイ系かもしれません。
f0018078_17544926.jpg




ラビットアイ系は沢山取れるだろうから幾分か安くなっても良さそうなものだけれど冬のブルーベリーの相場なのかも知れません・・・。





チリのブルーベリー生産の近況について

今シーズン、チリのブルーベリー生産高は40%増加。
作付面積は1992年にはわずか1,172ヘクタールでしたが現在では10,762ヘクタール。
これらのうち、4,232(合計の39%)は2006/2007に植えられました。
2010~2011年の生産が95.000トンを上回っており主にUSAに輸出されているようです。
Chile, a leader in blueberry production in the southern hemisphere より

因みに日本全国のブルーベリー作付面積が総計で700ヘクタール(平成17年度調べ)なので実に2シーズンで日本の総作付面積の約6倍を植えつけたということのようです。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-03-24 06:03 | 流通関連 | Comments(5)

チリのブルーベリー栽培状況など

一昨日チリ産のブルーベリーが売られていたことを紹介しました。
愛好家の中にはこれを買って種まきしようとされている方もいるようなのでどんな品種が栽培されているのかなどチリの最近の状況をちょっとだけ紹介しておきます。


栽培品種

Berries Varieties | Blueberryより

High-Bush Blueberry

Early season-
-Blue Chip
- Bluetta
- Darrow
- Duke
- Early Blue
- Patriot
- Spartan
- Sunrise
- O´Neal

Middle Season
- Berkeley
- Blue Crop
- Blue Gold
- Blue Jay
- Ray
- Darrow
- Herbert
- Jersey
- Nelson
- Sierra
- Toro

Late Season
- Burlington
- Coville
- Darrow
- Elliot
- Brighitta



rabbit eye

Early season
- Beckyblue
- Bonitablue
- Chaucer
- Climax

Middle Season
- Bluegem
- Brightwell
- Climax
- Premier
- Woodart

Late Season
- Brightwell
- Choicce
- Powderblue
- Tifblue



参考HP↓
Viveros




収穫時期
11月下旬~4月

berriesより




最近の作付けの推移

Chile, a leader in blueberry production in the southern hemisphere より

例によってヤフーのテキスト翻訳かけたもの↓

チリ、チリのブルーベリーの成長がめまいを起こさせていた南の半球のブルーベリー生産のリーダー。今シーズン、ブルーベリー生産高は40%増加しました。そして、37.000トンで急でした。1992年に、チリはわずか1,172ヘクタールをこの製品で植えておきました。ブルーベリーによる実際の表面は、10,762ヘクタールに達します。これらのうち、4,232(合計の39%)は2006/2007季節に植えられました。道理でそれから、そのフェリペロサス(チリのBerriesの専務取締役)は、それが2010~2011年の生産が95.000トンを上回るとわかります。また、チリが南半球のブルーベリー産業とほぼ10%の完全な生産をもつ5人の6人目の世界生産者のリーダーであるために、ありません。
クランベリー(年間10%と推定される)を求める世界的な要求において成長である、そして、その新しい製品品質、そして、チリの生産の増加の主なドライバーが、健康でした。
どこで、これは生産を止めますか?チリの新鮮なブルーベリーの主な輸入業者は、明らかに、USAです。それは、2007~2008の季節(新しいブルーベリーチリ人の70%の積送品)の間に、15.515トンに申し出られました。より多くがヨーロッパ(40%の輸出の目的地)の後ろにあります。そして、それはスイス、スペイン、英国とオランダからの大陸輸入において目立ちます。



なんか凄いことになっているような・・・・・




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-01-25 20:04 | 流通関連 | Comments(5)

スーパーでチリ産ブルーベリーを見つけました。

f0018078_19413798.jpg



小さくて黒っぽかったからラビットアイ系みたいです。


f0018078_19421985.jpg



以前から書いているように冬場は南半球産のものが出回るから今の時期の収穫を目指してもこういうものと競合しそうです。


やはり4月~5月くらいが一番高値で売れそうに思います。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-01-23 20:57 | 流通関連 | Comments(9)

ブルーベリーの販売ターゲットとなる洋菓子店の特徴

今日紹介するのは栽培情報と言うよりもブルーベリー園経営に関連する調査研究です。


ブルーベリーを出荷するに当たって競合するフルーツについて考えると輸入のブルーベリーは勿論ですが、その他に輸入のイチゴや国産の夏取りイチゴなどが揚げられると思われます。


そのあたりのことを考えてちょっと風変わりなレポートを紹介してみます。




今日紹介するレポートの本当のタイトルは「夏秋どりイチゴの販売ターゲットとなる洋菓子店の特徴」です。


東北農業研究センターさんのレポートです。

[要約]
製造従業員数や店舗数が多く、客層に遠来のグルメ客を含み、イチゴショート価格が高い「広域高価格型」の洋菓子店は、夏秋期の国産イチゴ使用率や国産への関心が高く、イチゴ価格の重視度が低いため、夏秋どりイチゴの有望な販売ターゲットとなる。


夏秋どりイチゴの販売ターゲットとなる洋菓子店の特徴


ケーキやさんでも夏場はトッピング用のフルーツの入手先には色々苦心しているようです。
地場で低価格でケーキを販売しているお店は安価な輸入物で済ます傾向が強くて広域に向けて割と高めで販売するお店は国産のイチゴがあったらそちらを希望するというお店が多い傾向にあるようです。


夏秋どりイチゴというのを単純にブルーベリーに置き換えるというわけにはいかないかもしれませんがブルーベリー園経営者さんにとって多少でも参考になればと思い記事にしてみました。(一応このブログは趣味での栽培情報に留まらずブルーベリー栽培に関するあらゆる情報を取り上げようと思っています。)


既にケーキ屋さんに出荷されているブルーベリー園経営者の方も多いと思いますが「広域高価格型」の洋菓子店への売込みが有望のようですからブルーベリー園経営者の方は試みられてはいかがでしょう。


私は趣味での栽培ですがブルーベリーを栽培しているから「夏場は日本のケーキやさんではショートケーキの上にブルーベリーをトッピングと言うのが当たり前と言う日が来たら嬉しいな」などと思っています。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-07-10 20:32 | 流通関連 | Comments(2)

浜松産のブルーベリー

f0018078_1815319.jpg


今日昨日取ったブルーベリーでジャムを少し作ろうとレモンを買いにスーパーに寄ったら地元の浜松産のブルーベリーが売られていました。
小さなパックで精々100gちょっとくらいで480円でした。
私としてはかなり良いお値段でとても手が出そうにはありません。


今日の収穫が多分1100g以上はあったからこの浜松産の計算でいけば5000円以上にはなるようです♪


因みにジャムの方ですが家に帰ったら1キロあったブルーベリーがあらかた無くなって残っているのは精々200gくらいでした。人気があったようでこれではジャムどころではありません(笑
ジャムはラビットアイ系のピークの頃にお預けになりそうです。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-06-19 20:54 | 流通関連 | Comments(7)

北米ブルーベリーの収穫情報源

ブルーベリー栽培で市場出荷されている方は海外、とりわけ北米のブルーベリー収穫状況や商況も気になるところだろうと思います。
私は趣味の栽培だから基本的には関係ないのですが一応そういったことについても注意はしています。(趣味での栽培の方にはつまらないかも知れませんがご容赦ください)
英語がスラスラ読めれば英文をあたれば良いのですが大学受験の時に憶えた英語はあらかた忘れてしまって使い物になりません(笑

北米のカルチベート(栽培)ブルーベリーとワイルドブルーベリーの収穫状況を発表している会社があるので今日はそちらの情報などを紹介します。

加工用フルーツの輸入や流通をしているShoEi(正栄食品株式会社)さんがそれで同社さんのWhat`s New?>商況案内と辿っていただきます。

ボックスの年と月を選んでGOをクリックで過去にも遡れます。
収穫予想から収穫状況、冬には市況もUPされています。
今まで出された情報を列挙すると以下のような情報が出されていました。

2006/12
「2006年産 ドライブルーベリー相場状況」
2007/07
「北米産カルチベートブルーベリー収穫予想」
2007/09
「2007年産冷凍フルーツ収穫状況」
2007/11
「2007年産ブルーベリー収穫状況」
2007/12
「2007年産ドライブルーベリー市況」
2008/03
「2007年産冷凍ブルーベリー市況」

一通り目を通すと足掛け3年間の収穫量や価格の動きがある程度つかめると思います。今年も来月辺りには収穫予想を出してくれるだろうと楽しみにしています。



こういった情報がどれ程の需要があるのかは皆目見当もつきませんが、ブルーベリーの価格相場に関連すると言う意味では生産者にも消費者にも関係あるだろうと思いUPしてみました。



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-06-13 20:45 | 流通関連 | Comments(2)