カテゴリ:収穫関連( 95 )

ブルーベリーの上手な摘み方

f0018078_18232243.jpg


このところ一旦少し値上がり始めた石油の価格なんですが原油価格が大分下がってきていますから、もうちょっと下がるまで買い控えたほうが良いかと思います。
今回はそれほど下げ幅は大きくないですけどね。



それから最近の私の関心事と言えばバブルが弾けたという中国の株式市場。
弾けたバブルを中国共産党という国家がコントロールしてソフトランディングさせようとしているみたいですが果たして本当に出来るのか?
まあ可能ならばそうしてくれると有難いんですけどね。
今日は若干戻したみたいなので今後も注視していくつもりです。







さて、今頃は時期的にはラビットアイ系の品種のブルーベリー狩りの最適期になっているところが多いかと思います。

ブルーベリーの上手な摘み方について質問があったので触れておこうかと思います。




ブルーベリーの特性

1、全面着色後5~7日で全面着色期の35%増となり最大に肥大する
2、生産者が出荷用に収穫するには全面着色後2~3日以内に収穫する事
ブルーベリーは追熟しない
(経験では数日おいた方が酸味が若干抜けて食べやすくなる)
3、ブルーベリーは種が多い方が大きな実になり易く且つ早く熟す傾向にある



ブルーベリーは数粒を纏めて食べると美味しく食べられる



具体的には
1)
一つの房で最低5~6粒位は色づいている房を選ぶ。(出来れば一房が全部色づいている方が良い)↑の写真くらいだと大丈夫だと思います。
2)
その中から一粒だけを食べるなら一番大きな物を一つ。
数粒の場合も大きい物から順に数粒選んで食べるほうが美味しく食べられる。




これくらいでも大丈夫
f0018078_18234069.jpg



これだともうちょっと待ったほうが無難かもしれません。
f0018078_18235138.jpg



これはサイズが明らかにサイズの大小が分かるけれどラビットアイ系だとそれ程大きさに差が無いのもありますけどね。




品種によっては甘いけれど酸味が足りない品種、甘さもあるけれど酸味が強めな品種、勿論バランスが良くて美味しい品種など色々あるのでそうした品種を混ぜて一緒に食べたりするのも美味しくいただける方法の一つではあります。




これから栽培してみようと言う方に
色づけば直ぐに収穫できると言う果実ではなくて、↑こんな風に沢山色づくまで待つ必要がありますから防鳥対策は必須条件になります。





こんな風に色づいた時に収穫できるようだったら防鳥対策もしなくて済むんですけどね。
f0018078_1824585.jpg





他にもブルーベリーの付け根を見て判断する方法↓もありますから参考にしてください
完熟のサイン





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2015-08-04 20:19 | 収穫関連

絶対失敗しないブルーベリーの摘み方

f0018078_18595879.jpg


ブルータ@早生のノーザンハイブッシュ系ブルーベリー


絶対失敗しないブルーベリーの摘み方と書きましたがちょっと言い過ぎました(笑。
まあ、上手なブルーベリーの摘み方と考えていただければと思います。





早生のブルーベリーも漸くポツポツ生で食べられるようになりました。



最近は私のような愛好家だけでなく栽培初心者の方ですとか、栽培はしないけれど摘み取り園などに出かけて行ってブルーベリーを摘む体験をされると言う方も増えていると思います。


いずれにせよ美味しくブルーベリーを食べたいのは言うまでもありません。

と言うわけでこれを知っていればブルーベリーを食べて「あ~酸っぱい(´ヘ`;)」と顔をしかめなくても済むというコツを幾つかUPしておきます。




今までもコツみたいなものを二つ↓挙げてきましたが

完熟のサイン

房単位で全体が色づいた頃に食べる



今回、もう一つ付け加えておこうかと思います。




このブログでも何度も書いてきましたが
「ブルーベリーは種が多い果実ほど大きな実になってしかもしかも早く熟す」
と言われています。


一応幾つか写真で例を揚げて見ますが

f0018078_190164.jpg


f0018078_1902969.jpg


f0018078_1904260.jpg


やはり大体大きな物から色づいているのが分かるかと思います。


一房の相当数が色づく頃には最初に色づいた実は大体食べ頃になっていると考えて大丈夫だと思います。



冒頭の写真で言うと下の方の2個が他と比べて割と大きですね。
ですからこの二つなら大体美味しく食べられるだろうと思います。


ブログのアイコンになっている写真だったら真ん中辺りにある一粒は確実に美味しく食べられるとおもいます。

f0018078_191129.jpg



纏めると

全体が青くなったら先ず大きな実を3~4個食べておいて3~4日後くらいに残りの房の半分くらいを食べるようにして更に3~4日後に残りの小さな物も収穫するようにすれば割とスムーズに食べられると思います。

愛好家にとっては当たり前のことかもしれませんけどね(笑。



我が家だと最後の小さい物などは大体ジャム用に回してしまうのですけどね。




栽培している人はそうはいきませんが
ブルーベリー園などでブルーベリー狩りをされる方などは後のことは考えなくて良いわけですから房全体が青くなっている所から一番大きなヤツを2~3こずつだけ食べて廻れば美味しいとこだけ食べることが出来るかもしれませんね♪



今日の一言
「ブルーベリーはデカいやつから食え」





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-06-04 20:59 | 収穫関連

両手でブルーベリーを摘む方法

f0018078_19224830.jpg


ブルーベリーの摘み方は人それぞれで工夫されているかと思います。

我家の婆様も工夫したようでザルを腰に固定して両手で摘んでいたので紹介してみました。
もっと大きいザルの方が前の方のブルーベリーまで摘めるので良さそうかもしれません。


因みに私は左手に籠を持って右手でザックリ摘んだりすることが多いです。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2011-09-05 20:21 | 収穫関連 | Comments(2)

ブルーベリーの実は水に沈む

f0018078_1695475.jpg


ブルーベリージャムを作る前には必ずザッと水洗いをしていますが殆どの実は水に沈んでいるようです。

数年前にもこの点について記事にしたことがありますがその時は結局分からないままでした。
今年はかなり沢山取れていてその殆どが水に沈んでいるようなので基本的にブルーベリーの果実は水に沈む物と考えて良いように思いました。

浮く物に何か問題があるような気がしています。


選果に役立ちそうな気もしますが生食用のブルーベリーは湿気を嫌うから難しいかもしれません。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2011-08-24 20:09 | 収穫関連 | Comments(4)

双子のブルーベリー

f0018078_18233366.jpg


ブルーベリーを育て始めてから7年くらい経ちますが双子のブルーベリーは初めてです。



状態は悪いのだけれど一応下からのアングルでもう1枚。
f0018078_182536.jpg



どんな花だったか花も見てみたかった・・。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-08-12 20:22 | 収穫関連

いっぱい青くなったら食べようね@ブルーベリー完熟のサインについて

f0018078_1845386.jpg

リベール


今日は何とか一日殆ど雨が降らなかったようでした。
週間天気予報では今後暫く毎日傘マークばかりついています。

赤道裂果が有名なスターの収穫は殆ど終ったのでスターの赤道裂果を見れたのは今年は一粒だけでした。
こんな年でもなんとかハイブッシュ系の早生だったら梅雨の影響は最小限で抑えられるみたいです。

ブルークロップは若干落果が増えていてそれはちょっと気がかりだったり・・・



さて、ブルーベリーの収穫の際の完熟のサインについては、このブログを見てくださっている方なら大体ご存知の方が多いかと思います。

完熟のサインについては↓こちらなどを参考にしてください。
完熟果の見分け方


一粒一粒確認すれば良いのだけれど子供とかブルーベリーに詳しくない人はなかなか完熟の美味しいブルーベリーを食べられないこともあったりするようなので簡単な食べ頃サインを提案しておきます。



冒頭の写真のリベールのように1果房が殆どみんな青くなってるくらいだと大体大丈夫みたいです。


こんな↓レカも数個を一度に頬張れば酸っぱさで顔をしかめる事もなく食べられると思います。
f0018078_18545132.jpg


これもレカ
f0018078_18555958.jpg



これはトロですがこう言うのはやはり見極めが大変だから食べないように教えてあげればその後美味しく食べられます♪
f0018078_18561875.jpg

まだ新しいカメラに慣れていないのでピンボケで済みません・・・





と言うようなわけで
子供とか一つだけ青くなったばかりでも待ちきれなくてついつい手を出してしまうことも多いと思いますが、
「いっぱい青くなったら食べようね」あるいは「いっぱい纏まって実が青くなっているところのを食べましょう」とか教えてあげるとブルーベリーに詳しくないご家族の方も美味しくブルーベリーが食べられると思います。




酸っぱさとか品種ごとに若干違うけれど微調整はブルーベリーに詳しいあなたが確認してご家族に教えて差し上げれば良さそうです。


まあ、ブルーベリー上級者の方にはこんなことを書いて笑われるかも知れませんがブルーベリー初心者の方の参考になればと思い記事にしてみた次第です。







因みに今日、家族に一番評判が良かったのはブルージェイでした。
とりわけ甘みが強いと言うほどではないけれど、まあまあ甘いし酸味が少ないんですね。
それに「パリッ」っとした食感も受けが良かったみたいです♪
私もブルージェイの食感は大好きですよ。この食感はリベールも割と似ていると思います。




そうそう、今日も家族に
↑こんな風に「この樹は今食べ頃だから食べて良いよ」と食べてもらっていたら隣にあった例の記録を狙っていたチャンドラーも食べられてしまいました。「好事魔多し」
orzガックリ



今朝、計ったら26mmまで大きくなっていたから、ちゃんと言っておかなかったことを悔いましたが「後悔先に立たず」(笑。


一応2番目に大きいのが現在25mmになっているので、そちらに望みを繋ぎます。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-06-19 20:42 | 収穫関連 | Comments(5)

レカの色づき

f0018078_18454782.jpg


ノーザンハイブッシュ系のレカが色づき始めています。
[PR]
by blueberrynote | 2011-06-05 20:59 | 収穫関連

ブルーベリーの季節がやってきた

露地ブルーベリーの色づき


f0018078_18242333.jpg

ブラデン


漸く待ちに待ったブルーベリーの収穫の季節の始まりです。
今年は彼岸過ぎても寒い日が多かったのでブルーベリーの成熟も遅れていると思いましたが、このブラッデンは彼岸前くらいの比較的暖かい時期に咲いた花の果実だろうと思います。


他にも今朝からスターが色づき始めていました。
結構1日で色が移ろっていくものですね。

これが今朝の写真で
f0018078_1829030.jpg



こちらが夕方の写真です。
f0018078_18293381.jpg




今年は春先に寒い日が続いたのでブルーベリーもそうですが植物全般に開花が遅れる物が多かったように思います。
勿論、ブルーベリーの収穫も遅れ気味になりそうですし加えて入梅が早かったからハイブッシュ系の収穫が梅雨と丸被りになりそうな状況なので今年のような天候不順は暖地でのブルーベリー栽培では最悪なのかもしれません。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-05-30 20:23 | 収穫関連

ブルーベリーの選果

f0018078_18222388.jpg


私が住んでいる静岡西部も今日の雨から愈々本格的な梅雨入りと言う感じです。

他の果樹もそうですがブルーベリーもやはり雨が続くと裂果するものや落果する品種も少なくはありません。裂果や落果をしないまでもやはり果実が水分を多く含みすぎて味が薄くなってしまったりするので梅雨はブルーベリーには好ましいものではありません。

長い雨が好ましくないのですから今までに大体収穫が済んでしまった品種たちが我が家に適した品種ということも言えるだろうと思います。
適地適作という言葉もあるからそういう品種だけを育てればよいのだけれど我が家でもこれから丁度梅雨明けまでにかけて収穫時期が被る品種が沢山あります(笑。


今日の午後から当分雨が続く天気予報なので今朝は慌てて少しブルーベリーを収穫しておきました。(↑写真)慌てて収穫するから未熟果も結構混ざっていますね。


これをそのまま家族に出すとクレームの嵐なんで明らかに未熟果と分かるものは取り除いてジャム用に回します。

右のザルが未熟果です。果実の軸がついていた部分付近が紫色になっているから簡単に分かります。
f0018078_18425239.jpg



奈良県農業総合センターさんの発表でジャムに加工する場合は40%未熟果が混入しても品質に大きく影響しないことレポートされているのでこういう未熟果も大事に冷凍しておけば後で美味しくいただけます♪
参照↓
ブルーベリージャム製造における未熟果混入の影響について



ブルーベリーは完全着色から1週間くらいが摘み頃のものが多いので全体の1割くらいが色づいてから10日くらい経った頃に纏めて収穫すると若干過熟、若干未熟も混ざりますが全体的には収穫しやすいように感じています。ブルーベリーが収穫出来るようになって最初の1~2年はついつい早めに収穫して酸っぱいのが多かったですが最近は割りとゆったり待てるようになりました♪



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-18 20:20 | 収穫関連 | Comments(5)

摘みとり~なの件@オーシャン貿易様

久しぶりにオーシャン貿易さんのHPを見たら摘み取り用具の販売をしていました。

以下抜粋

一番手間のかかる作業を解消!『収穫の革命』

摘みとり~な
これまでは1時間に3Kg※1の収穫が限界でした。

「摘みとり~な」をお使いいただくと、

収穫スピードが2~3倍※2にアップします!

果実を手のひらに受取ることで起こっていたブルーム落ちを最小限に抑えることができ、衛生的及び新鮮に果実を保つことができます。



私は趣味の栽培ですから省力化についてはともかくとして、ブルームが落ちてしまうことには確かに以前から気になっていることでした。
こんな感じで摘めばブルームが落ちにくいようですね。
仕組み的にはシンプルだから器用な方なら自分で作ってしまいそうです。
私も今年の収穫は少し工夫しようかと思いました。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-04-20 20:13 | 収穫関連 | Comments(6)