カテゴリ:農薬( 21 )

ジベレリン処理したウィトゥの着色@ブルーベリー栽培

f0018078_193366.jpg

ウィトゥ

葡萄のジベレリン処理で残ったジベレリン液で大粒を狙ってチャンドラーとこのウィトゥの一枝にジベレリン処理をしておきました。


チャンドラーもこれも大粒を狙ってジベレリン処理をしましたがチャンドラーは特別大きくなるということもなかったように記憶しています。

このウィトゥについても特別に大きいというわけではなさそうだから当初の肥大とと言う目的は果たせなかったわけですがジベレリン処理した一枝がこのウィトゥ(コンテナ5~6年生)の中で一番早く色づきました。

半端な時期に行ったジベレリン処理だから肥大はダメだったようですが熟す時期を早める効果は若しかしたらあるのかもしれません。(単なる偶然かも知れませんが)


尚、ジベレリンはブルーベリーには登録がないので、こうしたアカデミック?な調査研究目的の試験のために使用しました(笑。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-07-06 20:58 | 農薬 | Comments(7)

新規追加のブルーベリー使用登録農薬

ブルーベリー使用登録農薬に
ソルビタン脂肪酸エステル乳剤(カダンセーフ)と
クロチアニジン水溶剤 (協友ダントツ水溶剤)が追加されました。
  

農薬の種類 / 農薬の名称 / 病害虫・雑草名称

ソルビタン脂肪酸エステル乳剤 / カダンセーフ (フマキラー株) / ワタアブラムシ            
クロチアニジン水溶剤 / 協友ダントツ水溶剤 / アブラムシ類、ケムシ類





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-05-02 20:42 | 農薬

追加されたブルーベリー使用登録農薬

農薬の種類 >農薬の名称 >病害虫・雑草名称
グリホサートイソプロピルアミン塩液剤  >ハーブ・ニート液剤  >一年生雑草、多年生雑草
オリフルア剤  >ラブストップヒメシン  >ナシヒメシンクイ(交尾阻害)

ナシヒメシンクイによるブルーベリーへの被害は私は今のところ聞いていませんが色々な果樹を加害しているようなので今後は注意する必要もあるかもしれません。


生態と防除については↓こちらが参考になりそうです。

ナシヒメシンクイ



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-07-12 20:57 | 農薬 | Comments(3)

ブルーベリーにルートンを使うことについて

読者の方からルートンは説明書きに「食用作物は不可」と記載されているとコメントを頂きました。
今回の接ぎ木での使用については調査研究における試験的な使用ということで使用しています。
私としてはコンプライアンス(法令遵守)重視なので基本的にルートンは使用しない方針で進めていく予定です。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-15 20:02 | 農薬

今日は石灰硫黄合剤散布の続きでした。

やれやれ、寒い寒い。
石灰硫黄合剤散布の作業を終えてコタツには入って一息ついてこれを書いています。


今日は晴れてはいるけれど北風がかなり強く寒いので外に出るのが億劫になるくらいの悪い日よりでした。


それでも昨日の続きの石灰硫黄合剤散布を一日中やってブルーベリーは大体の目処がつきました。
今度の土日に残りのブルーベリーと他の果樹をやる予定です。




このところ朝は氷が張るようになったから大事な挿し木苗だけは夜は玄関に入れて用土が凍らないようにしています。



石灰硫黄合剤散布に追われて話題探しも出来ず、今日は本当にただの日記です。
ということでコメント欄は設けません。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-01-12 20:43 | 農薬

石灰硫黄合剤散布

f0018078_1659244.jpg

石灰硫黄合剤散布の準備

今年も石灰硫黄合剤散布の季節がやってきました。
去年も1月13日で成人の日絡みの連休でやっていたようです。



今日も最低気温が氷点下で風もあって外に出ると割と寒い1日でした。

午前中はブルーベリーの苗が欲しいという人があったのでその関係で殆ど終わってしまって午後2時くらいから石灰硫黄合剤の散布を始めました。


大体去年と同じような格好ですが今年は去年ほど風が強くなかったからサングラスでやりました。


今年はコンテナの樹が大きくなったから時間も結構かかりそうです。


コンテナの場合は横倒しにすれば用土には石灰硫黄合剤が落ちないのでその点は良いのですが樹冠が大きいと枝が折れてしまうので石を咬ませて斜め程度の状態でやると良い感じに出来るようです。(片面が終わったらひっくり返して裏側をやりまっす)
太い枝は刷毛で塗って細かい枝はスプレーでざっと散布しておしまいです。
f0018078_1784895.jpg



準備に手間取って3時間でコンテナ13鉢だけ仕上がりました。

明日は朝から1日かけて全部終わらせるつもりです。



終わって寒いから慌ててお風呂に入ったのですが湯船に浸かりながら指に付いた石灰硫黄合剤の匂いを嗅いで「これは草津温泉の雰囲気が楽しめるな」などとアホなことやっておりました(笑。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-01-11 20:58 | 農薬 | Comments(13)

シャシャンボツバメスガ対策のBT剤について@ブルーベリー栽培

f0018078_177283.jpg

ゼンターリ顆粒水和剤



シャシャンボツバメスガの被害があまりに酷いのでBT剤の使用を考えてホームセンターに寄ったついでに探してみたら一種類だけおいてありました。
ゼンターリ顆粒水和剤
値段とか調べずに行ったのですが結構高いものですね。100gで1350円でした。
1000倍くらいに薄めるからこれで100リットルの散布する液が出来るわけです。

他もあたってみようと思って今回は買わずにおきました。


効果の程が分からなかったのでちょっと調べたところ
BBRさんの不定期日記の06.8.16の記載で「一時的にいなくなるが2週間ほどで再発する」との記載がありました。

酷いときに一時的に被害を抑える程度の使用になりそうです。

他の農薬も含めて年4回使用出来ると言う事なので酷い時期に2回くらい使えば1ヶ月は新梢が成長できる期間が確保できるわけだから多少の効果は期待できるかもわかりません。





因みにブルーベリーに登録されているBT剤は
ゼンターリ顆粒水和剤
デルフィン顆粒水和剤
ガードジェット水和剤
ファイブスター顆粒水和剤
チューンアップ顆粒水和剤
などです。



ついでにグリーンジャパンでBT剤一覧のリンクがあったので貼っておきます。
BT剤一覧①(作物別・病害虫別) 
BT剤一覧②(作物別) 




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-10-04 20:03 | 農薬 | Comments(2)

台風対策と新規登録農薬


台風はどうやら上陸せずに列島を掠めるようにして行き過ぎるようですね。
我が家付近も最も近づいても50キロくらい南あたりを通過するようだから主に雨を気をつければ何とか成りそうです。
上陸はしないとは言え海を行くから勢力は中々衰えないようです。伊豆や関東、千葉のそれぞれ南部の方などは特にくれぐれもご用心ください。


今回の我が家の台風対策と言えば過湿に弱いと言われているサザンハイブッシュ系品種を軒下に移動したくらいです。これは何れはやろうと思っていたので良いきっかけが出来て良かったくらいです。
サザンハイブッシュ系は軒下においておそらくは来年ラビットアイ系が取れ始めるくらいまで軒下に置こうと思っています。



20:30追記
当地は然程被害はなく遣り過ごせそうです。


灰色かび病に使用する農薬が追加されていたので紹介しておきます。

農薬の種類 炭酸水素カリウム水溶剤
農薬の名称 カリグリーン
適用病害虫・雑草名称 灰色かび病

天然にも広く存在する成分のようなので使いやすいかもしれません。


カボチャやキュウリのうどん粉病にも効くようだから購入検討しようと思います。



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-09-19 20:21 | 農薬 | Comments(7)

カナブンと追加されたブルーベリー登録農薬

f0018078_18333894.jpg


カナブンを2匹捕まえました。
上を向いているのがカナブンで下向きなのはドウガネブイブイです。


見た目は似ていますが野菜作りなどへの影響の具合はかなり違う昆虫です。


ドウガネブイブイなどのスジコガネ亜科やコフキコガネ亜科のコガネムシの仲間は成虫は葉を食べるし幼虫は植物の根を食べるから園芸するものにとっては憎き敵なわけですがカナブンはハナムグリの仲間で成虫は木の樹液を吸います。幼虫は植物の根ではなくて腐植(枯れた葉は腐ってきた木など)を食べるから例えるならばミミズの扱いになるようです。


写真を見ていただくと分かると思うのですがドウガネブイブイとよく似ているが胸部と羽2枚とが描くT字の中心の二等辺三角がカナブンは大きく頂角が尖っていることで区別できます。
f0018078_18363445.jpg



皆さん、カナブンは野菜作りをする人には益虫だから殺さなくて良いですよ。
それからカナブンの幼虫は畑の土には多分いないです、畑から出てきたコガネムシの幼虫は根を食べる類のものですから昇天させてあげてください・・・・。





カナブン
甲虫目 カブトムシ亜目
コガネムシ科 ハナムグリ亜科
Rhomborrhina japonica
大きさ 23-29mm
時 期 6-8月
分 布 本州・四国・九州
成虫は広葉樹の樹液を餌とする。
幼虫は朽ち木など腐植を食べて育つ。


ドウガネブイブイ
甲虫目 カブトムシ亜目
コガネムシ科 スジコガネ亜科
Anomala cuprea
大きさ 18-24mm
時 期 6-8月
分 布 北海道・本州・四国・九州
成虫はいろいろな植物の葉を食べる。幼虫は、地中で植物の根を食べる。
体長が22mm前後とコガネムシでも最大級で幼虫による根の食害も著しい。





コガネムシ科については↓こちらでも色々な種類について写真付で説明があるので参考にしてください。
虫の写真図鑑 Cyber昆虫図鑑カブトムシ・コガネムシの仲間



追加されたブルーベリー登録農薬の記事は書庫の関係で別記事↓です。




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-07-09 20:29 | 農薬 | Comments(8)

追加されたブルーベリー登録農薬

2008/05/28日に登録された農薬です。

農薬の種類 バチルス ズブチリス水和剤
農薬の名称 インプレッション水和剤
作物名称 ブルーベリー
対象病害虫 斑点病
使用時期 発病前から発病初期まで


バチルス・ズブチリス菌を有効成分とする微生物殺菌剤で、新JAS法の有機農産物生産に使用することができます。マルハナバチ、ミツバチ等の有用昆虫に影響がないようです。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-07-09 20:05 | 農薬 | Comments(2)