カテゴリ:病気( 17 )

風で傷んだブルーベリーの葉

f0018078_18411135.jpg



当地でも一昨日の風はかなり酷かったわけですが強風のためにブルーベリーの葉が傷むケースが結構ありまして、冒頭の写真のような感じで変色してしまったりするわけです。


水切れさせてしまった場合にも似たような傷み方をする場合もあるのですがその場合は若い葉の先端から傷むので葉の脇とかが傷んだ場合は風の影響による場合が多いように思います。


若い葉が傷む場合は応急処置で大丈夫な場合が多いですが、確りした葉が傷んでいるようだと深刻な場合もありますのでその場合はキチンとケアされたほうが良いだろうと思います。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-04-16 20:40 | 病気

ブルーベリーの塩害

f0018078_15455182.jpg

先日の記事でも少し触れましたが台風18号でブルーベリーに塩分が混じった雨があたり障害が発生していたようです。


丁度、当地は台風上陸のやや東側に位置していたので上陸の際の風がもっとも強いときの風向きが真南だったらかなりの塩水が巻き上げられて陸地にも降り注いだようです。


海から5キロ程離れた我が家での被害はさほどでもありませんでしたが海から1キロも離れていないブルーベリー園でははっきり被害が見て取れました。


具体的には肥焼けの様な症状ですが、基本的に南からの風が当たる部分に顕著に現れていました。
f0018078_1537823.jpg





葉の縁が茶色く変色しています。
比較的低い部分や北側の葉には現れていないから時期的なこともあるしおそらくこの程度で落葉して栽培自体にはそれ程影響なく済みそうです。
f0018078_15432132.jpg





あまりに強い海風が当たる場所だと栽培に影響もあるかも知れませんが通常は海から1キロも離れていれば大丈夫だと言うことだと思います。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-10-11 20:35 | 病気 | Comments(8)

ブルーベリーの帯化

f0018078_17131619.jpg


昨日紹介したクライマックスのサッカーは帯化という現象のようです。
書庫の関係で再UPしておきます。


f0018078_17103066.jpg



f0018078_1712497.jpg



帯化現象というのは、帯化病とも言い、生長点が側方に増加することでおこります。
感染性の病気ではないから適切な予防法などはないようです。
帯化は珍しい現象なので一部の植物では珍重されることもあるようです。


詳しくは↓こちらをご覧ください。


帯化とは何か


帯化病



ポット上げもしたことですし、特に伝染すると言うわけでもないので観察を続けます。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-05-04 20:07 | 病気 | Comments(0)

ブルーベリー赤色輪点病の傾向と対策


風の丘の風太郎さんのブログからの話題です。


会津若松農業普及所主催
岩手大学名誉教授 横田清先生による「ブルーベリーの基礎」と題した講演の内容が紹介されていました。



以下抜粋

「ブルーベリーの基礎」 横田 清 氏 講演と剪定講習

先日、農業新聞に掲載されました「ブルーベリー赤色輪点病」について先生曰くウイルスであり、虫が、 特にアブラムシ、カイガラムシ,ヨコバエなどの木の樹液を吸う害虫が運ぶ可能性が大きい との意見でした。先生は病虫害に関しましては、木の裾を丁寧に剪定し風の通りを良くすることが大事なことでしょう、とのことでした。




昨日の講習の実践

昨日の「輪点病ウイルス」の追伸
横田先生曰く 今のところこの症状が出ている種類は、シエラ、デュークの二種類だそうです!
この二種類は、動かしたり、接木に使わないほうが無難とのことでした!



私、どっちも接ぎ木してしまいました。
多品種接ぎ木にも混ざってます・・・。
どうしたもんでしょうかね・・・・・・・。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-04-25 20:19 | 病気 | Comments(5)

ブル-ベリ-赤色輪点病

はっぱさんのブログブル-ベリ-の病気
「ブル-ベリ-赤色輪点病」の話題が出ていました。


「ブル-ベリ-赤色輪点病」
ウィルス感染で葉や茎、果実に赤色の輪や斑点が生じる
千葉県農林総合研究センタ-病害虫防除課












千葉県農林総合研究センタ-病害虫防除課 最新の発生予察情報内の 
3月11日発表の病害虫発生予察特殊報 第4号 (PDF 50KB)
というファイルに写真が載っていました。ちょっと気持ち悪かったです・・・。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-03-13 20:08 | 病気 | Comments(3)

ブルーベリーのチップバーン

私はイチゴもちょっとは作るのでそちらの方面からブルーベリーにアプローチしてみました。



イチゴやレタスだと葉の先端や展開しつつある葉の縁が枯れたり、縮葉して変形したりすることをチップバーンと言うらしいのですがブルーベリーにも殆ど似たような症状が発生することがあります。

イチゴの場合はこの症状が発生するのは
水不足
肥料過多
石灰欠乏(カルシウム欠乏?)
高温
辺りが原因と言うことのようです。
参照↓
いちごの生理障害の種類と対策

ブルーベリーでは水不足と肥料過多の時には発生するようです。
ハイブッシュ系が高温で突然死するときにも急に葉先が枯れ初めるからそのあたりも似ているかもしれません。

石灰欠乏については他のHPだとカルシウム欠乏としているものもあるのでブルーベリーでも発生するかもしれません。


提案と言うほどのことでもないですが葉先の枯れのことをブルーベリーでもチップバーンと呼んでも良さそうに思ったのでちょっと記事にしてみました。(挿し木だと成長が止まったときに小さな新芽の先端が黒くなることをブラックチップというからそのあたりもちょっと意識しましたよ)



「葉先の枯れ」を「チップバーン」と呼び変えてもあまり意味はないかも知れませんがキーボードで2タッチは少なくなるようです(笑。





ついでなんでもう一つ。
ブルーベリーでは葉が赤みを帯びる症状が発生する場合がありますがイチゴでも良く似た症状が発生していてそれは燐酸欠乏から発生するようです。参照↓
リ ン 欠 乏
ブルーベリーではどうなんでしょうね。





今日の記事につきましては以下のHPなども参考にさせていただきました。

いちごチップバーンの発生要因と対策について教えてください
窒 素 過 剰
目で見るイチゴの栄養障害



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-10-14 20:45 | 病気 | Comments(3)

ブルーベリーの健康診断

ブルーベリーのファンサイトも運営している関係で色々な質問も寄せられることが多いです。

私の場合は見過ごしたりしなければ大抵の質問には答えるようにしています。
(過去に2~3回見過ごして答えられなかったことがあったと思います。随分後になって気が付いて今更な感じでそのままにしてしまったことがありますがその方にはごめんなさい)


「そんな質問の中で木の状態が心配で現在はどういう状態で対処はどうしたら良いだろう?」
というような質問を受けることが多いです。


この際に私の木の状態の見方というか考え方を書いておきます。



まず第一に木の地上部で一番弱いのが新芽ということが出来ると思います。

ですから木に何かしらの問題が発生すると新芽に何らかの異常が出ます。

逆に言うと新芽が問題なく元気に成長しているうちは他の部分に若干枯れている部分があったり葉にくすみ等の異常が出ていても木自体は元気なことが多いから様子を見ていれば大丈夫だと思います。(勿論程度の問題もあります。例えば大きな木で1箇所だけ新芽が出ていて他が調子悪かったりしたらそれはかなり問題があるとは思います)

元気なシュートやサッカーが伸びていれば何の心配も要らないと思います



次に新芽に異常が出る場合ですが急に新芽の葉先が枯れてきたという場合は水切れさせてしまったときに出ることが多いです。

急ではなくて徐々に葉の先が枯れてくる場合は根に異常が発生したときが多いように思います。例えば今の時期ですとコガネムシの幼虫に根が食害されている場合にはまず最初に新芽の芯にブラックチップが発生します。
挿し木で1次成長が終わる頃現れる症状と同じで↓こんな感じです。
f0018078_16464832.jpg



そうしてその次は新葉の先が黒くなっていきます。
f0018078_16484142.jpg


そうしてそれがだんだんやや古い葉でも同じ症状が出てきたらかなり危ないと考えて良いと思います。


新葉の先ばかりではなくて横とか決まってない部分が変色する場合は風などで擦れて出来た葉の傷みのことが多いのでこれは心配要りません。(もっとも風など全くなくて葉が傷んでくるようなら問題だと思いますが)


そのほかにもクロロシスやネクロシスなども新葉から出る場合が多いからともかく新芽に気を配っていると木の状態が良く分かると思います。

新芽にはクロロシスやネクロシスのような症状が多少出ても新芽が成長しているなら問題が無い場合が多いからこの場合も様子を見ていれば良いと思います。



それからもう少しすると斑点病やサビ病など葉の病気ももチラホラ出てくる時期になりますが、その頃からのそうした病気は落葉で大体リセットされてしまうからそれ程心配しなくて大丈夫だと思います。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-09-06 20:49 | 病気 | Comments(4)

ブルーベリー根頭癌腫病

f0018078_16503881.jpg

ノビリスのサッカーで低いところで真横に伸びているサッカーがあったのでかなり深いところで切除したところ変なものがついていました。


拡大写真です。
f0018078_16505488.jpg



なんか、やなものを見つけてしまったようです・・・。


瘤を切ってみるとこんな具合でした。
f0018078_1651639.jpg



緑のところからが地上部でそれから下は埋まっていました。

これが多分癌腫病ではないかと思われます。


元々の土が良くなかったようです・・・。


根頭癌腫病については以前まとめたのでこちらを参考にしてください。
根頭癌腫病(ガンシュ病)-Crown gall



木が元気であれば耐性もあるらしいのでサッカーを深く取り除いて癒合剤を塗って様子を見てみます。




コメントは不要です。



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-07-12 20:50 | 病気

ブルーベリーの新病害「バルデンシア葉枯病」の発生


MYHPのBlueBerryNote掲示板の方にバルデンシア葉枯病についてのご質問をいただいたので今日はこの病気について取り上げてみます。


岩手県で2003年に発生し2006年には広域に広まったようです。
対処法は地際からのヒコバエから感染するということなので春先にヒコバエを取り除いて感染した葉なども焼却などで処分するということのようです。

詳しくはレポートをご覧ください。



岩手県農業研究センターさんからのレポートです。
↓2ページのPDFファイルです。
ブルーベリーの新病害「バルデンシア葉枯病」の発生







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-06-25 20:34 | 病気 | Comments(3)

ブルーベリー根頭癌腫病(Crown gall)


昨日、根瘤病について記事にしましたがA果樹さんから癌腫ではないかとコメントを頂いたのでついでなのでブルーベリー癌腫病(ガンシュ病)についても調べてみました。


確かにブルーベリーにも癌腫病は発生するようで根頭ガンシュ病は土壌細菌によるもののようです。

昨日の記事を書くに当たって癌腫病も疑ったのですが根瘤病との違いは根瘤病の方は根の先端付近に出来るようですが癌腫病は割りと根の付け根付近に腫瘍が出来るようです。

メカニズムについては↓こちらで分かりやすく解説されています。

ひつじのお庭
根頭ガンシュ病について ~アグロバクテリウム属


米国のサイトによりますと「対処法は地植えの場合はその場所では少なくとも2~3年は野菜や草などを栽培して癌腫がでた木は焼却処分すること」となっていました。
Crown gall
↑写真つきです。


A果樹さんによりますと「植え替えの時コブをとって後ストレプトマイシンの500倍液に3時間ほど浸けて、その後に植えつけます」という対処法もあるようです。


実際にどれくらいの確立で発生するのかは分かりませんがネット上では日本で発生したという情報はかなり少ないようなので確立自体はかなり低そうに思います。
(バラではあまり珍しくない病気のようです)


参考リンク
Blueberry -- Crown Gall
これも写真付です






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-01-09 20:53 | 病気 | Comments(6)