カテゴリ:取り木( 8 )

ラビットアイ系のサッカー色々

連休最初の作業は全ての鉢の重さをチェックして軽すぎる鉢を水に入れてピートモスに水を馴染ませました。コンテナは大丈夫だけれど我が家は鉢は色んな種類があるから結構軽くなっているものが10個くらいありました。

水切れすると幼果が落ちてしまうこともあるのでこれからは注意した方が良いですよ。


水に沈めたら一鉢から蟻の大群が出てきました。
この際なんで蟻退治もしておきました。


そんなことをしつつ鉢のブルーベリーのサッカー除去もやりました。



ラビットアイ系のサッカー色々


年に1度くらい登場するサウスランドの鉢です。
f0018078_18375448.jpg


もともとあまり評判が良い品種ではないし、数日前に紹介したレポートでも小さい不味いと散々な評価でした。

この鉢ももう2年くらいこのままじゃないかと思います・・・・。
本当にサッカーが多くて・・・・



取ったサッカーも色々あって

左2本がベッキー、中クライマックス、右はサウスランドです。

ベッキーはノーマル、サウスランドはやや複雑ですがまあこんなのも普通にあります。
けれどもクライマックスのタイプは初めて見ました。
f0018078_1847721.jpg




クライマックスのサッカー
f0018078_18482536.jpg




更に拡大
f0018078_18491043.jpg




どうやら沢山の枝が離れられずに固まった状態のようです。
なんか変な感じですね。

形成層とかいっぱいあるなら接ぎ木が楽かも知れないなどとも考えました、



サウスランドはもう要らないからゴミ箱行き、ベッキーとクライマックスは一応ポット上げしておきました。
一応これも株分けということになります。



硫安の水溶液の件ですがライターさんからコメントをいただきまして1%程度までなら大丈夫だろうと言うことでした。ですからもう少しは濃くても良いかも知れません。

私の場合は今まで通り1000倍で様子を見ながら小まめに遣ろうと考えています。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-05-02 20:51 | 取り木 | Comments(7)

ノビリスの鉢増しと株分け

今日は風がなく過ごしやすくてこのところ久しく遣っていなかった水遣りを小さな苗にしたり、少し鉢増しなどもしてました。


ノビリスの苗からサッカーが出ていたから根洗いしたらサッカーからも発根していたので3本に増やせました。(一番右の小さな枝も根が付いているから多分これも成長すると思います)
f0018078_16243889.jpg





この苗は挿し穂の低いところから枝が出ましたが、我が家のノビリスは5年生でもそれ程サッカーが沢山出るというわけでもないようです。ざっと我が家の大きな樹を見て回ったところ以前触れたサウスランドが一番多くて、その次がブルージェム、デライトも割りと多いみたいです。





余談ですがこのところ家にネズミが入ってしまって困惑しておりました。
田舎なんで珍しくもありませんが居座られても困るので数日前にトラップを仕掛けておきました。今朝見たところちいちゃいやつがひっかかっていました。

終盤に悪かった2008年子年ですがネズミを退治して締めくくって来年は少しでも景気が回復してくれればと思います。
f0018078_1755670.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-12-29 20:23 | 取り木 | Comments(8)

サッカーで株分け

f0018078_10142843.jpg

ブライトブルーのサッカー


19日に一部の木の夏剪定をしたことは記事にしました。
そのときの剪定のついでに不要なサッカーなども取り除いたのですが結構根が出ているものがあって、サウスランドは捨ててしまったけれどブライトブルーは鉢に納めておきました。2年生苗の出来上がりです。



接ぎ木の台木からもサッカーが出てきています。こうしたサッカーは接ぎ木としては不要なので取り除いてしまいますが、このくらいのサッカーは何故かとても発根しやすくて挿しておくと直ぐ根付くことがおおいです。

オニールの接ぎ木から出ていた台木マルのサッカー
f0018078_10144323.jpg






こんな風に根が出ていたら儲けもの。それこそ直ぐに成長を始めます。

チャンドラーの接ぎ木の台木のベッキーブルーのサッカー
f0018078_1023368.jpg








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-07-22 19:01 | 取り木 | Comments(2)

チッペワの取りと木鉢増し




今朝はチッペワの鉢増しをしました。
写真右端の黒いポット(6号)がチッペワです。
f0018078_18352999.jpg





この苗は地際から細めのシュートが出ていたのでかねてより株元に用土を高めに盛って一応取り木を目指していたものだったのですが運良く思惑通り発根してくれていました。
所謂、盛り土法というやりかたです参照↓
盛り土法
早速切り取ってビニールポットに鉢上げしました。
f0018078_1835506.jpg






根鉢の周囲と底を削って7号ポットに収めました。
f0018078_183646.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-01-11 20:36 | 取り木 | Comments(10)

接ぎ木の取り木

一昨日紹介した多品種の接ぎ木ですが当初から成功数が多かった場合全てを伸ばすわけにはいかないと考えていました。


実際のところは4品種だけの成功でこれくらいなら全て成長させても良いとも思っていたのですが、停滞して全く成長しない枝もでてきてしまいました。
実はこういった事態も考えて春に台木の根元にはやや高めに用土を盛っておきました。


そう、取り木の盛り土法です。

多品種を接いで必要ない接ぎ木の枝は取り木で別個の接ぎ木にしてしまおうという考えでした。

繋がってはいるものの停滞している枝の根元を少し掘ってみると僅かながら発根が見られました。「しめしめ」と思ってなるべく深い部分できったのですが発根していたのは切る前に確認した部分だけでなんとも心細い発根です。
「もうちょっとそのままにしておいたほうがよかったな」との思いもかすめましたがこのままおいても成長しないわけだし切って一人立ちさせたほうが良かったのだと自分に言い聞かせました(笑

f0018078_8492135.jpg








ポット上げして出来上がりです。
なんとか成長してくれればと思います。
f0018078_85013.jpg










宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2007-10-17 20:37 | 取り木 | Comments(6)

ブルーベリーの株分けと取り木(パウダーブルー

今日、剪定兼挿し木の穂取りのために地際のパウダーブルーのシュートを見ていたら発根していそうなものが2本ありました。


シュートも多すぎても不味いので右と手前のシュートは間引きます。
発根していそうなのはその2本です。
f0018078_16372312.jpg







切ったところやはり発根していました。
左の発根はそれほどでもなかったですが右のは根量もかなり多めでこれなら十分1年生と言える程度だと思います。
f0018078_16403746.jpg






因みに地中を茶色の太い根かシュートか迷うような横に伸びるものがありますがこれのことをリゾーム(地下茎)というそうです。これから地上に出るえだがサッカーということになります。
これについてはsobaさんのブログの↓こちらの記事を見ると詳しく分かります。
取り木



切り取ったシュートの地上部は少し切り詰めて2株の苗が出来ました。
(こういう増やし方を取り木と言ったりすることもありますが取り木は増殖の手法なのでこの場合は株分けと言うのが私は正しいように思います)
f0018078_16434365.jpg






取り木と言えば一月ほど前に取り木で発根していたレガシーはその後順調に芽を出してくれました。レガシーもコピーが出来て一安心です。
↓1ヶ月前の記事
取り木の発根
f0018078_16485615.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2007-10-13 20:31 | 取り木 | Comments(6)

ブルーベリーの取り木の発根(レガシー

4月にやったレガシーの取り木の経過です。
4月の記事→盛り土法での取り木(レガシー・ブルーベリー


発根させたい枝をポットで覆って用土で包むようにしてその部分も乾燥しないよう水を遣っておきます。
f0018078_1493640.jpg






教科書では来年4月位まで待つのが本当なんですがどんな具合かちょっと外してみたところ太くはないけれど2箇所から発根していました。
f0018078_14121235.jpg







付け根から切って地上部は少し減らしてポットに収めて出来上がり。
f0018078_14181318.jpg






地上部の切った部分も一応挿し木にしておきました。
ブルーベリーは挿し木で簡単に増やせるので取り木をする機会は少ないかも知れませんが取り木も割りと簡単みたいです。こんな風にわざわざポットで包むのは面倒かもしれませんが地際からシュートが出ていたらそれに用土をかけて盛り土しておくの程度なら簡単だからやっておくと良さそうです。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2007-09-13 20:06 | 取り木 | Comments(5)

盛り土法での取り木(レガシー・ブルーベリー

昨日紹介したレガシーです。

細めのサッカーらしきものも出ています。

ということで取り木(盛り土法)をやってみよう!と思い立ち早速実践です。

1箇所を切った小さめのビニールポットを用意します。
f0018078_17214960.jpg






取り木する枝の一部に瑕ををつけます。
この際あまりに浅かったりするとすぐにカルスで覆われてしまって
発根に至らない場合があるそうなので形成層をちゃんと剥ぎ取るようにします。
枝の外周の半分程度の皮を剥く感じで瑕をつけまました。
f0018078_17243883.jpg






ビニールポットの底穴を枝が通過する状態にして切ってある部分をホチキスで留めて
用土を入れて出来上がり。
低いところからサッカーが出ていたのでそちらも同じようにしています。
f0018078_17265967.jpg





この状態で来春くらいまで放っておこうと思っています。


今回は盛り土法でしたが
いずれは接ぎ木をした枝の高取り法もやってみようと思っています。




取り木については↓こちらでまとめて見ましたので良かったらご覧ください。
ブルーベリーの取り木
[PR]
by BlueBerryNote | 2007-04-29 19:16 | 取り木 | Comments(4)