雪囲いの新技術

今日は雪国の方向けの情報です。
暖地にお住まいの方すみません。


先日、予告しておいた雪囲いの新技術ですがあまり遅れても雪国の方に悪いのでUPしておきます。



雪国ではブルーベリーも雪の重さで枝が折れないように雪囲い(冬囲い)をされているところも多いようです。


ブルーベリーの根元に太い支柱を立てて紅葉が終わり頃になったらその支柱に枝を束ねて一緒に巻きつけて纏めて細くしておくというものです。

KAWASUNブルーベリー園さんのHP↓を見ていただくのが早いと思います。
KAWASUNブルーベリー園 冬の対策





今までは上記の方法で雪囲いをしていたのですが


新潟県の 中山間地農業技術センターさんから
より効果的なブルーベリーの簡易雪害防止法
が発表されました。


具体的には「冬囲いに加えて肥料袋を活用し、樹の上部にくくりつける方法」です。

これについても同センターさんの写真とデータ付きのレポートがあります。
↓こちらをご覧頂けば一目瞭然なので宜しかったらご覧ください。


中山間地域に適したブルーベリーの簡易雪害防止法



私自身雪国に住んでいるわけではないので雪害については分かりませんが
割と簡単で費用も余りかからないようだから良い方法かもしれません。







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2007-12-02 20:23 | 調査研究紹介 | Comments(2)
Commented by 山堀 at 2007-12-02 23:15 x
これに似たのをみました。凍害防止にコモとかいう、わらを編んだのを袋のすぐ下からまいてました。
Commented by BlueBerryNote at 2007-12-03 19:16
山堀さん<情報ありがとうございます。仰るようにコモをかける地域もあるようです。民間でも色々工夫されているようですね。


<< イチゴの花と幼果&ソルボンヌ百合 自作pHメーターについて >>