紅はるかの名前の由来と苗の活着


f0018078_18571625.jpg


先日、挿しておいた紅はるかの苗達はどうやら無事に活着してくれたようで一安心。
「早く沢山蔓を伸ばして苗を沢山作っておくれ!」と一声かけておきました。



さて、この前の記事の時に紅はるかについての質問があったので少し調べてみたところ、名前の由来がわかりました。




九州沖縄農業研究センター開発品種の紹介によりますと


食味やいもの外観などの特性が既存品種より「はるか」に優れることから、品種名を「べにはるか」と命名し、種苗法に基づく品種登録申請をしました。
参照↓

農研機構


育種者自らこう名づけてしまえるところが凄いですね(笑。


確かに味良し、見た目良し、貯蔵性も良し、病気にも強いとなれば言うこと無しということでこう名づけたのも、肯けます。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2015-05-23 20:55 | 菜園


<< スズメバチの巣を撤去 紅はるかの芋苗とトウモロコシの... >>