エンドウの種蒔きの2回覆土法

f0018078_18481371.jpg

図書館で借りた本






今日は北風ピューピュー吹きまくって愈々本格的な冬の到来のようですね。

それでも気温はそれほど低くはないので風さえなければ割りと過ごしやすかったと思います。







豆類(豌豆など)の種蒔きの2回覆土法


月末に豌豆やソラマメの種蒔きを終えました。
我が家の場合は殆どがビニールポットに蒔いています。


エンドウに限らないのだけれど豆類の種を蒔く時は深く埋め過ぎて腐らせて仕舞うことは少なくありませんでした。
流石に最近は注意するようになって腐らせる失敗は殆どなくなったのですが今度は浅く埋めることによって豆が膨れたり根が伸びて土を押すので豆が浮き上がったりしてしまうと言う難点がありました。
浮き上がってしまった場合は仕方ないので豆を一旦取り上げて指などで穴を掘りなおしてもう一度埋めなおせば大体上手く収まるのですが沢山だとこれも割りと面倒くさい・・。


何か楽な方法はと暫し思案したところ、良い方法を思いつきました。



大体は1回で済ます覆土(上に被せる土)を2回にすることによって腐らせることなくある程度の深さに埋めたのと同じ状況に出来ると言うことです

いつもはビニールポットの9分目くらいまで土を入れて其処に豆を極浅く蒔いていたのですが
それを今回は1cmほど浅く土を入れておいて其処に腐らないように浅目に豆の種を蒔いておきます。

数日すると豆が膨れたり根が伸びることによって豆が浮き上がり始めます。
発根が確認できたらそこに1c程土を追加で覆土してやれば豆の浮き上がりも防げますし腐らせることもありません。






このブログに訪問いただいている方たちは野菜作りのプロみたいな方もいらっしゃるので、そういう方には笑われるかもしれませんが野菜作り初心者の方には少しは役立つのではないかと思います。


我が家もまだ砂糖豌豆2種の種蒔きがまだなので、そちらはこの方法で蒔こうかと思います。








読書のマイブームはまだ続いていて又6冊借りてきました。
村上の本2冊は学生の時に読んだ本ですがノーベル賞で騒がれたので久しぶりに読んで見ます。
山本も以前読んだ本。

宮部みゆき」は恥ずかしながら読んだことがありません。
実はここ10年くらいは殆ど小説とか読んだことがありませんでした(笑。







おまけ
ユーチューブで懐かしい歌を聴きました。









宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-11-02 20:46 | 菜園


<< 年輪石 コスモス祭りを見てきました >>