野菜栽培の本&中生玉葱はマルチはしない方が良い&市民農園の近況

f0018078_9144527.jpg

秋冬野菜の植付けや種蒔きも大分進んできてこのところ畑の仕事はめっきり少なくなりました。

そんなわけで冬の間は図書館の本で野菜栽培などの勉強もし始めています。

今回はこんな本を借りてきました。

左側の2冊、新野菜作りの実際は農文教の本です。
農文教の本は都道府県の研究所のかたとかが執筆しているので信頼性も高そうです。

色々本を読んでいると書いてあることも違う部分もあってそれも面白いですね。

最近は人参とかのトンネル栽培についてあれこれ考えています。

トンネル栽培も結構あれこれ難しそうなんで実際遣れるかは分かりません。





中生玉葱はマルチはしない方が良い


自家製玉葱の泉州中高黄の苗はどうやら活着してくれたようです。
f0018078_9161653.jpg

玉葱はマルチ栽培が良いと思い込んでいたのですがあれこれ調べるとマルチが良いのは早生とか肥大玉葱とかで保存用にする中生や中晩生あたりはマルチをすると寧ろデメリットの方が多いようです。

極早生、早生の玉葱だと肥大が早いし雑草対策にもなるのでマルチが良いようですが中生や中晩生品種ではふやけ玉(肥大が進みすぎ締りのない玉)になってしまう場合があるからのようです。

大玉種のアトンなどを肥大化させるためにはマルチは推奨されていますからあまり貯蔵について考える必要がない場合はマルチをしても問題なさそうです。

なお、マルチをしないから雑草は生えやすくなりますが堆肥などでマルチをすると良いようです。


このマルチも外すつもりです。



市民農園の近況

白菜、牛蒡はまあまあ順調のようです。
f0018078_9164978.jpg


大根は大分太ってそろそろ必要に応じて収穫できそうです。
人参は最終の間引きは終わらせましたが今年中の収穫か来年にずれ込むかもしれません。
f0018078_9171831.jpg


夏に植えた玉葱の出来損ないとかペコロスは一部はブンケツしましたが発見しだい分割して1本にして植え直しています。太いのは根が太り始めているから少しは年内の収穫もできそうに成ってきました。
f0018078_9175473.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-11-18 20:12 | 菜園


<< ブルーベリーの剪定と冬期管理 呼び接ぎの締めなおし@ブルーベ... >>