ブロッコリーの早晩性比較の検証、その1

8月20日頃に植えたブロッコリーの早晩性についての経過報告です。


植え付けたのは
植付けから収穫までの期間             収穫予定
50日、極早生、シャスター   10/10

65日、中早生、ハイツSP   10/25

75日、中生、グリーンハット 11/05


植え付けた時の記事↓
2009/8/23(日) ブロッコリーの早晩性比較と土曜日曜菜園日誌

現在、どうなっているかと言いますと
いずれのブロッコリーにも(「超辛い」<変換でこんなのでました(笑)、モトイ!頂花蕾は確認できません
f0018078_829178.jpg


結論

我が家で8月下旬に植え付けた場合は極早生品種のシャスターの早生特性は発揮できないようです。
もうちょっと涼しくならないと花芽が出来ないのかもしれません。
つまりは暖地では10月下旬にならないと頂花蕾の収穫は出来ないと言うことらしい・・・

3品種の早晩性の状況は今後も観察を続けます。



スティックセニョールの初収穫の時期

ついでに8月15日頃植え付けたスティックセニョールについてもレポートしておきますが、こちらも頂花蕾は確認できませんでした。
(スティックセニョールも種まき後30日定植、定植後60日程度で収穫ということなので10月半ばには収穫予定)

こちらも株は寒冷紗の中では窮屈なくらい育っているけれど、植付けがやや早すぎて収穫は10月下旬になりそうです。(やはり涼しくないと花芽分化できない?)
f0018078_8295459.jpg



種会社の解説↓でも暖地では収穫は10月下旬頃からとなっていました。
茎ブロッコリー スティックセニョール



ちょっとブロッコリーの基本的な特徴が分かってきました。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-10-01 07:22 | 菜園


<< コガネムシ被害からの復活したと... 紅東の収穫とサツマイモの収穫時期 >>